Driving Impression 新世代SUVの走りを試す

3/4

さらに高まった安全と安心

新型フォレスターには、自然吸気とターボに共通する乗り味がある。それはサスペンションが自在に伸び縮みして、フラットで快適な乗り心地とコーナリング時のしっかり感を両立させていることだ。

例えば舗装が荒れている路面に高い速度で進入しても、シートやステアリングホイールから伝わる衝撃は、「来るぞ」と覚悟したものより小さく、角も丸い。一方、コーナリングフォームは安定していて、車高が高いSUVであることを忘れてしまうほどロール(横方向への傾き)が小さい。

通常であれば、乗り心地が柔らかくなればロールが増えるもの。けれども新型フォレスターの「乗り心地」と「操縦性」は、レーダーチャートを作れば、どちらも増加していて、円のサイズ自体が大きくなっているように思える。

このような“魔法”が可能になった背景は、第1章にあるエンジニア氏のインタビューでご覧いただくとして、その身のこなしは、あたかもフォレスターというモデルがひとクラス上級に移行したように感じられる。

 

もちろん、低重心で左右対称な水平対向エンジンとシンメトリカル(左右対称)AWDシステムの組み合わせという、フォレスターの基本骨格が素性のよいものであることも大きく関係している。

そのシンメトリカルAWDには、「X-MODE」と呼ばれる新機構が加わった。エンジン、リニアトロニック、AWD、VDCを統合制御する電子制御システムで、左前輪と右後輪のように対角線上にある2輪が滑る場面で特に威力を発揮する。
フルタイム四駆であってもこうした場面は苦手で、無事に発進するまでに時間がかかるものだが、試乗会の会場に用意された、ローラーで悪路を再現したスペシャルステージでは、「X-MODE」が楽々と難局を脱出する光景が見られた。

素晴らしいのは、「X-MODE」と書かれたスイッチを押すだけで、誰でもこのメカニズムの恩恵に浴することができることだ。「どのモードを選べばいいのか?」を悩まずに、雪道などではこのボタンひとつで、強力な駆動力と安心感を得ることができるのである。

ステレオカメラを使った衝突安全技術「EyeSight」の装着車が選べるようになったことも、ユーザーには朗報だろう。この安全装備の認知度が高まったのは、「求めやすい価格で提供する」というスバルのコンセプトが正しかったことを証明している。

デザイン、パワートレイン、快適性、操縦性、そして安全性。新型フォレスターは、予想通りすべての面でひとつ上のステージへ移っていた。しかもうれしいことに、価格帯だけは先代と変わっていないのだ。