Interview 新型フォレスターはこうして生まれた

3/3

新型フォレスターの、しっとりとした乗り心地と軽快なハンドリングのバランスには、実際に運転した多くの人が感心するに違いない。

臺PGMによれば、この二つの両立は「しっかりしたボディーを作ったからこそ可能になった」のだという。そのあたりを、シャシー設計部の鈴木正弘担当にうかがう。

「乗り心地がいいというのは、サスペンションが伸びたり縮んだり、上下によく動くということなんですね。けれども、ボディーがしっかりしていないと、サスが動いた時にボディーも一緒に動いてしまう。今度のフォレスターはボディーがしっかりしているので、われわれ“サスペンション屋”はやりやすかったですね」

では、肝心のしっかりした車体は、どのようにしてできたのだろうか?
車体設計部の杉原康雄主査は、「車体の上屋と床の結合部で、サスペンションの動きに影響を与えるところがあります。この場所を見極めて強化することがポイントでした」と振り返った。

ただしこの作業には、経験と勘が必要だ。コンピューターである程度の場所は特定できるものの、最終的に乗り心地や乗り味を評価するのは、人間の感性であるからだ。

このしっかりしたボディーのおかげで、スタビライザーの径を上げ、バネの定数を上げ、ダンパーの減衰力を上げても、乗り心地はむしろ良くなったという。シャシー設計部と車体設計部のコラボレーションによって、「ロール角速度、つまり車体がグラッと傾く動きがゆっくりとしている、理想の乗り味」(鈴木担当)が実現したのだ。

最後に、新型フォレスターの安全技術についてもふれたい。スバルのAWD技術はすでに定評があるが、そこに「X-MODE」という新機構が加わった。車両研究実験統括部の野田哲夫担当が解説してくれる。

「X-MODEでは、エンジン、CVT、AWD、VDC(ヴィークル・ダイナミクス・コントロール=電子制御式の横滑り防止装置)を統合制御してグリップ力を高めます。まずエンジンの出力とCVTのギア比を、グリップ力を高める方向で制御します。同時に、スリップした車輪にブレーキが介入するタイミングを早めているのです」

ポイントは、ドライバーがボタン操作ひとつでX-MODEをセレクトできることだ。
野田担当によれば「初めてスキーに行く方でもすぐに使えるように」との配慮からだという。モニター画面にX-MODEの作動状況が図示される点も、ユーザーにとっては安心材料になるだろう。

いまやレガシィ購入者の8割以上が装着する「EyeSight」が選べるようになったのも、新型フォレスターのポイントだ。ステレオカメラを使って前方の障害物を監視、衝突を回避するという先進の安全技術である。
ただし、同じく車両研究実験統括部の桐生浩行主査によれば、「レガシィのものをポンと移植できるほど単純ではありません」とのことだ。
「EyeSightの開発は、システムの性格上、車両がかなり作り込まれた段階でないと進められません。新型フォレスターのものも、カメラの位置、車高を勘案して、レガシィに搭載したときと同じだけのテストを繰り返し、最高の性能が出せるよう仕上げました」

パワートレイン、デザイン、シャシー、そして安全装備。新型フォレスターはこれだけ手をかけて作られているのだ。

鈴木 正弘
スバル技術本部 シャシー設計部

杉原 康雄
スバル技術本部 車体設計部 主査

野田 哲夫
スバル技術本部 車両研究実験統括部

桐生 浩行
スバル技術本部 車両研究実験統括部 主査