Driving Impression

クルマとの濃密な時間を味わう

ジャガーについて話をする時には、かつて“猫足”といわれた乗り心地について触れないわけにはいかないだろう。実際、XJ SUPERSPORTのステアリングを握っていると、他の同等のサイズのサルーンたちとは、明らかに違ったフィーリングが伝わってくる。車体を路面に強引に押さえつけるのではなく、強靱(きょうじん)なボディーを土台にサスペンションを柔らかく動かし、しなやかに軽やかにタイヤを路面へと接地させる。これはジャガー独特の持ち味だ。

その上、ステアリングはクイックだから、強引な操作をすると姿勢を乱すことも。そうではなくXJを操るには、行きたい方向を見据えて、スッと舵(だ)を“当てて”やればいい。すると、思った方向へときれいに、導かれるように向きが変わっていく。このターンインが決まると、この上なく気持ちがいい。

ボディーの大きさを意識させられることは皆無。ドライバーがクルマを操るというよりは、両者が有機的に溶け合って一体となったかのような感覚。これこそXJ SUPERSPORTをはじめとする、ジャガーのフットワークの真骨頂である。

ひとつひとつのコーナーと対峙(たいじ)し、常に格闘し続けるのではなく、かといって単にクルマ任せに進むのでも、もちろんない。道を読み、クルマと対話し、心地良いペースをキープしながら先へ先へと進んでいく。XJ SUPERSPORTで出掛けるツーリングは、他のクルマでは、ましてやライバルと目されるであろうサルーンでは決して味わうことのできない、クルマとの濃密な時間をもたらしてくれた。

最初に、ツーリングに誘い出したくなる相棒は、スポーツカーだと書いた。そう、やはりジャガーは紛(まご)うかたなきスポーツカーメーカーなのである。あらためてステアリングを握って、そのことを再確認したのだった。

JAGUAR XJ spec

JAGUAR XJ SUPERSPORTの詳細はこちら

Top page