Impression 新型アウトランダーで伊豆へ

2/3

グランドツーリングでその「違い」は明らかになる

では走りはどうか。実は単なるSOHCではなく、凝りに凝った連続可変バルブリフトシステムを備えた2.4リッターエンジンは、走りに余裕をもたらしている。実用域からしっかりとトルクが出ているおかげで、じわりと踏めばクルマがじわりと前に出るし、ならばと大きく踏み込めば、ちゃんと力強い加速を得られる。

この優れたドライバビリティーには、CVTの制御のうまさも貢献している。とりわけアクセルオンの際のCVT特有の滑り感が抑えられているのが好印象。一方で巡航時などはエンジン回転数の上下を抑えて、効率的に速度をコントロールするなど、CVTのうまみもちゃんと生かしている。こちらの意をうまくくんでくれるから、長距離でもストレスが少ないのだ。

思い通り走れるということは、アクセルをむやみに踏み込む必要もないということで、つまり燃費にも効いてくる。ECOモードスイッチをオンにしてもストレスを感じないし、アイドリングストップ機能の「オートストップ&ゴー(AS&G)」も動作は洗練されていて、自然に低燃費を実現できるのが良い。

しかも、現在の運転状況がどれぐらい効率的かをバーグラフ表示したり、運転スコアを判定したりするなどの機能を備えたECOドライブサポートシステムも搭載されているから、クルマ任せにするだけではなく自分の手でさらなる好燃費を引き出すこともできる。運転の新しい楽しさを提供しているわけだ。

もう一点、感心させられたのが快適性の高さである。剛性感の高いボディーを土台にサスペンションがしなやかに動き、乗り心地は快適そのもの。速度を上げるにつれて姿勢のフラット感が増すから、距離を重ねても疲労が少ないのが、また良い。騒音や振動がよく抑えられているのも美点である。

そうなるとフットワークはおとなしいのかなと思いきや、さにあらず。際立って鋭敏というわけではないが、どこまでも思い通りに曲がる奥の深さがある。さらに、グイグイと向きの変わるアジリティーの高さを欲する人のためには、S-AWCも設定されている。4輪の駆動力の最適制御によって、「ランサーエボリューション」譲りの走りのよろこびをもたらしてくれるのだ。