新型レガシィ ここが変わった!

1/4

「フルモデルチェンジと言っていいぐらいの規模の改良です」

これは、スバル・レガシィのマイナーチェンジのとりまとめ役を務めた熊
谷泰典プロジェクトゼネラルマネージャーの発言だ。

2009年に登場した5代目となる現行レガシィを振り返ると、これまでに2度の小変更を受けている。一度目が導入1年後の進化型「EyeSight」の投入で、これによってレガシィの安全性が次のステージに入った。二度目は導入2年後。リアサスペンションにピロボールブッシュを採用するなど、走行性能のさらなる
レベルアップを狙ったものだった。

つまり現行レガシィは、こつこつと丁寧に熟成を積み重ねてきたのだ。それが、今回のマイナーチェンジでジャンプアップするという。では新レガシィ、どのように進化するのか。ポイントとなるのは、インターフェイスを含めたデザインの
変化と、安全や環境も踏まえたパフォーマンスの向上だった。

4ドアセダンのB4と、ツーリングワゴンのエクステリアは、よりスポーティーで上質なルックスとなった。
デザイン担当者によれば、現行レガシィのスタイリングに違和感をおぼえるレガシィファンも少なからずいたという。そこで、レガシィが伝統的に備えてきた
スポーティネスをさらに強調したとのことだ。

主に手が加えられたのはフロントマスク。これまではラグジュアリー系とスポーティー系の2種類の“顔”を用意していたが、スポーティーなテイストに一本化した。また、現行インプレッサから採り入れた六角形の「ヘキサゴングリル」とヘッドランプ内の“コ”の字形のモチーフという、スバルの新しいデザインテーマを導入している。結果、より低くワイドに見せることで、レガシィの持つスポー
ティーさと安定感が増した。

そして立体感を出すために、フロント側を15mm伸ばしてフロントバンパーの形状を変更。これによってノーズにラウンド感が生まれ、造形の質感が高まっ
ている。

アウトバックにも基本的には同様の変更が施されている。加えて、ラギッドな力強さをアピールするために、グリル内で横に走る3本のバーの位置を高くし
て“顔”に厚みを与えた。
また、フォグランプを90φから130φへと大型化することと、ルーフレールを標準装備とすることでワイルドな持ち味を強調。B4/ツーリングワゴンとの
明確な差別化が図られている。