今回の旅のお供は……ボルボ V60 T4 R-DESIGN

スペック

スペック

ここがポイント

「ボルボV60 T4 R-DESIGN」は、スポーティーなキャラクターが与えられた限定車。R-DESIGN専用のフロントバンパーや本革シート(写真)など、内外装には特別なアイテムが与えられる。

ドライバーと向かい合う、シルクメタルを用いた本革巻きのステアリングホイールと、アルミニウムベゼル付きのメーターパネル。これらもまた、「R-DESIGN」ならではの装備である。

専用デザインのアルミホイール(写真)は、「V60」で最大の18インチ。さらに専用のスポーツサスペンションやストラットタワーバーがおごられるなど、独自のシャシーチューニングが施されている。

1.6リッターターボエンジンは、エコが自慢のエントリーグレード「DRIVe」(ドライブイー)と同じもの。12.8km/リッター(JC08モード)の燃費性能だけでなく、中低速域でのピックアップのよさもセリングポイントとなっている。

ワゴン「V60 T4 R-DESIGN」の荷室は、3分割式のリアシートを倒すことでアレンジが可能。荷物を安定させる折りたたみ式の「グロサリーバッグ・ホルダー」(写真)なども備わる。

安全面では、赤外線レーザーを使って衝突事故を回避または被害を軽減する「シティセーフティ」が標準で与えられる。さらにオプションで、カメラやレーダーも活用し歩行者を検知する安全装備「ヒューマンセーフティ」も用意される。