webCG
カーナビの達人 2013 SUMMER
webCGカーナビの達人 > 2013年夏、各社イチオシのカーナビはコレだ! > カロッツェリア「サイバーナビ」 AVIC-ZH0009HUD(4)
TOP
TOP
史上最強のゴリラ・ブラザース
ゼンリンのカーナビ地図
2013年夏、各社イチオシのカーナビはコレだ!
カロッツェリア
ケンウッド
パナソニック
イクリプス
ダイヤトーン
ガーミン


カロッツェリア「サイバーナビ」 AVIC-ZH0009HUD




ナビ性能をディープに評価





新サイバーナビに新しく加わったフリーワード音声検索は、音声認識や分析処理をクラウド上で行い、やはりクラウド上の検索データを使って、情報を引き出してくるもの。GoogleやiPhoneのSiriなどの音声検索よりは、検索結果が出るまでの時間がかかる感じではあるが、決められた言葉だけに反応するわけではなく、思いついたキーワードで検索できるので使いやすい。ほかにオンライン検索や駐車場満空情報、ガススタ情報など、通信を活用した検索が充実。もちろん、住所検索などもある。






ルート探索時には6本のルートを同時探索する。スマートループ渋滞情報等さまざまな情報を加味して計算するため多少時間はかかるが、従来モデルに比べると格段に計算が速くなっている。ルート探索後の結果も、距離や所要時間、料金だけではなく、推定燃料費や推定CO2削減率まで計算してくれる親切ぶり。乗り換え案内などの電車の路線検索ソフトのように「早」「安」などのアイコンが付いているのもわかりやすい。また、目的地に着いた後にわかるのだが、スマートループのおかげで所要時間がほぼ正確なのには驚く。






通常の交差点拡大図のほか、カメラで映した実写映像に進行方向などの案内を重ね合わせるARスカウターモード、HUDの表示など、さまざまな先進機能で導く。ただし、使う側がシチュエーションに合わせて表示を切り替えることも必要。例えば通常の画面をARスカウターモードにしておくと、スマートループアイのスポットウォッチャーが表示された時に、画面からまったく地図が消えてしまうという状況。これを回避するには、地図は1画面表示にしておきたい。ARスカウターモードの映像は明るく鮮明になった。






昨年モデルは、ユーザーの間でも操作レスポンスが話題になっていたサイバーナビ。ARスカウターモードやHUDの採用で先進性を高めても、こんなに操作がもっさりしているのでは……という話はよく聞いた。それに比べると、2013年サイバーナビの操作レスポンスは、ずいぶん改善されているようだ。それでも操作レスポンスにおいてトップクラスのものにはかなわないのだが、少なくともタッチしたあと、けっこうな間をおいて反応するようなことはなくなったので、昨年モデルよりはイライラせずに済むだろう。






スカウターモードに新しく追加された機能が、横断歩道予告検知だ。これは横断歩道の手前の道路上に描かれているひし形の道路標示を検知して教えてくれるもの。画面に歩行者の専用イラストを表示すると同時に警告音も鳴る。この機能、ドライバーはほとんど路面を見ているわけだから、画面表示はほとんど意味をなさないし、実際、ドライブ中にこの表示を見ることは一度もなかったが、警告音で知らせてくれるのは、信号のない横断歩道の見落としを防ぐ上でありがたい。HUDにもアイコンが表示される。






写真は以前からあるARスカウターモードの車線認識。高速走行中に車線をまたいでふらついたりすると警告してくれる機能だ。従来のサイバーナビから受け継いでいる機能で、他のナビにはない先進的なもののひとつがロードクリエイター。今回のドライブでは実際に遭遇することはなかったが、地図に描かれていない道を走ると、その道をナビの地図上に書き加え、次に走行する時はルート探索も可能になるという機能だ。カーナビにとって大きな課題である、一般道の地図の鮮度の問題をクリアする機能だ。



AVIC-VH0009HUD


サイバーナビ、その他のラインナップ

2013年型サイバーナビのラインナップは全7モデル。本体形状は、デモカーに搭載されていた2DIN一体型のほかに、1DINナビ+1DINインダッシュTVの2タイプがあり、それぞれにHUD+スカウターユニット付きと、HUDなしでスカウターユニットだけが付属したタイプ、HUDもスカウターもないナビ単体のタイプがある。これで6モデル。残り1モデルは、2DIN一体型のナビ本体のみのタイプで、サラウンド機能なども省略されたベーシックモデルだ。型番は2DINタイプがZHで、1DIN+1DINがVH、HUD+スカウター付きが型番末尾HUDで、スカウター付きがCS、ナビ本体のみは末尾の欧文がない。ベーシック機はAVIC-ZH0007となる。


まとめ

他のナビが操作系をスマートフォンに近づけたり、スマホアプリとの連携を図ったりしている間に、サイバーナビはARスカウターモードやHUDなど、独自の進化を遂げている。今回、新しく採用したスマートループアイも他のナビではまねできない機能である。このスマートループアイ、初めて見た時に、かつてあったモネ(G-BOOKの前身)やDSRCのライブカメラを思い出したが、インフラ整備なしにこのサービスを実現したあたりはすごい。それが今、必要かは別にして、技術開発を進める姿はまさにパイオニアだ。



前のページへ

カーナビの達人トップへ




目的地到着までの検索・案内 渋滞回避力 新機能紹介 ナビ性能をディープに評価