TOP
TOP
ゴリラにドライブカメラが付いた!
地図がクルマを変える
この冬注目の「使える」ナビ4機種
カロッツェリア
イクリプス
パナソニック
ケンウッド


カロッツェリア「楽ナビ」AVIC-MRZ099W






検索機能





スマートループを利用したフリーワード検索以外の検索機能は、名称、住所、周辺施設、電話番号、検索履歴、ジャンルなど多数ある。住所検索は全国約3920万件の住所をピンポイントで検索できるし、電話番号は約2230万件の個人宅やお店等を含む約3200万件をピンポイントで探すことができる。周辺検索では、コンビニなどは営業時間を考慮して検索するし、ATMやタバコ、お酒の取り扱い有無まで検索リスト上でわかるので便利。通信を使って、価格情報付きでガソリンスタンドの検索ができる「ガススタ価格情報」、テレビで紹介されたスポットを検索可能な「テレビdeみ〜た」もある。


楽ナビ・ラインナップ

AVIC-MRZ099(オープン価格)


AVIC-MRZ06(オープン価格)


AVIC-MRP099(オープン価格)

2013-2014年の新しい楽ナビ・シリーズは、今回試乗した横幅200mmのワイドコンソール対応のAVIC-MRZ099Wに加え、2DINサイズのMRZが6機種、ポータブルタイプのMRPが4機種の計11機種と、多彩なラインナップをそろえる。2DINタイプは型番の数字が3桁のものがエアージェスチャーを搭載し、12セグ+ワンセグのフルセグチューナーを内蔵したモデル。2桁のものがエアージェスチャーは搭載せずに内蔵TVチューナーもワンセグとなるモデルだ。ポータブルタイプは画面サイズが7型ワイドと6.1型ワイドの2種類があり、それぞれにフルセグ対応とワンセグのみのモデルがある。ユーザーの用途やクルマのダッシュボード形状に応じて、最適なタイプが選べるラインナップとなっている。



優れた渋滞対応力と自車位置精度
これが楽ナビの真骨頂だ


説明で軽井沢ドライブが飛んでしまったが、風越公園のあとは蕎麦屋で昼食。ここでもフリーワード検索が役立ち、おいしい蕎麦をいただくことができた。その後、旧軽井沢の高級別荘地の方面へと行ってみたのだが、ここではスマートループ渋滞情報が活躍。別荘地にある雲場池の付近はけっして広い道路ではないが、渋滞や混雑がしっかりと表示されているのである。これには正直驚いた。そのおかげで渋滞を避けてスムーズにドライブすることができた。

カロッツエリア楽ナビの真骨頂はここにあると思う。スマートループを基軸とした渋滞対応力の高さ、案内するルートのクオリティーの高さ、高精度な自車位置の測位性能に伴う道案内の的確さとわかりやすさは、何物にも替え難い。カーナビを選ぶ時、エアージェスチャーなどの新しい機能についつい目が行きがちだが、それがなかったとしても大いに魅力的なのが楽ナビなのだ。


こんな人におすすめ

楽ナビを手に入れるなら、ぜひ同時に入手したいのがデータ通信モジュール。これがあると、スマートループ渋滞情報を含む通信機能が使える。通信があるのとないのとでは、大きな違いがあるので、ぜひ通信を使ってスマートループのありがたみを実感してもらいたい。という意味では、楽ナビをもっともおすすめしたいのは、仕事でクルマを利用するなど、移動時間の短縮と到着予想時刻の正確さが要求される人だ。営業車には必携の機能といってもいいだろう。また、今回はリアモニターを用意するなどファミリー層にもアピールしている。操作性と案内の的確さは、カーナビを使い慣れていない層にも安心感を与えてくれる。



前のページへ

カーナビの達人トップへ




2014年の「楽ナビ」は
付加価値で勝負
区間ごとの所要時間を把握し
最短時間のルートを提示
2つの機能を割り当てられるなど
エアージェスチャーが進化
正確な自車位置のおかげで
案内は正確で安心感が高い
優れた渋滞対応力と自車位置精度
これが楽ナビの真骨頂だ