Interview

片岡愛之助
1972年に大阪に生まれる。81年に片岡一門に入門、93年に片岡秀太郎の養子となり、大阪・中座『勧進帳』において六代目片岡愛之助を襲名。以後、上方歌舞伎を中心に活躍し、2002年に国立劇場優秀賞、05年に大阪舞台芸術奨励賞などを受賞する。修業時代は女形を演ずる機会が多かったが、現在はほとんどが立役(男役)である。本年、第31回京都府文化賞功労賞受賞。また二月花形歌舞伎の『GOEMON 石川五右衛門』では石川五右衛門役を見事に演じ、各方面から高い評価を受けた。

変わり続けるからこそ伝統は築かれる

「へぇ、滑るように加速しますよ。全然、がんばってる感じがしない。最初、このボディーサイズに2リッターだと、もっとエンジンが回って騒々しくなると思ってたんです。でも全然違いました」

シリンダーの数と排気量を減らして効率化を図りつつ、ターボでパワーを補うダウンサイジングというコンセプトが最近のトレンドだと愛之助さんに伝える。
「ダウンサイジングという言葉は知っていましたが、実際に体験すると驚きますね。大排気量エンジンのように余裕があって滑らか。なるほどなぁ……」

エンジンとともに愛之助さんを感心させたのは、しなやかな乗り心地だ。
「高級な大人のクルマという感じの乗り心地で、さすがですね。大阪と東京は自分で運転して行ったり来たりするんですが、パワーがあって快適で静か、ジャガーXJだったら往復はもっと楽しくなりそうです」

そして愛之助さんは、「おっ、パドルも付いてる!」と、ステアリングホイールの根元に位置するシフトパドルをうれしそうに指さした。
「これ、現代の高級車に乗られる方は、自分で運転を楽しめというジャガーのメッセージですね。さすがスポーツカー出身の高級車メーカーという感じです」

続いて、「ジャガーXFR」に乗り換える。5リッターのV型8気筒エンジンにスーパーチャージャーを組み合わせた、最高出力510psのスーパーセダンだ。試乗コースを一周した愛之助さんは、「これは僕が乗ってきたスポーツカーと同じテイストですね。楽しい! 面白い!!」と顔を紅潮させた。

と言いつつ、「どちらかを選べといわれたら、2リッターのXJ LUXURYに引かれます」とのことだ。愛之助さん、それはなぜでしょう?
「2リッターのXJのほうが新しい感じがするんですね。スマートというか」

そして愛之助さんは、「新しいジャガーに乗せていただいて、本当に歌舞伎と共通点が多いと感じました」とまとめた。
「ジャガーは繊細でスポーティーな乗り味を大事にしつつ、デザインやダウンサイジングといった挑戦をしていますよね。歌舞伎も変わらない部分を大事にしつつ、時代ごとに新しいことにチャレンジしています。変わり続けているからこそ伝統を築くことができた、という意味でジャガーと歌舞伎は似ています」

歌舞伎の世界では、しっかりとした基本技術を踏まえて新しいことにチャレンジすることを「型破り」と呼ぶという。最新のジャガーも、まさに「型破り」のモデルなのである。