スポーツカーの走りに高ぶる

1/3

スバルのマシンと深い関わりのある、2人のレーシングドライバーにインタビュー。サーキットを走らせてわかった、「レヴォーグ」の実力とは?

スバルで戦うプロに聞く

昔からラリーやレースの世界で目覚ましい活躍を見せてきたスバルは、日本車の中でも特に“走る性能”、つまりドライビングダイナミクスに定評のあるメーカーだ。今ではどんなニューモデルも“良い走り”を簡単に口にするが、スバルの長い経験は新型「レヴォーグ」にどのように生かされているのか? それを説明するのにうってつけの、ふたりの“スバル遣い”に尋ねた。

ひとりはグループAのツーリングカー選手権やスーパー耐久シリーズなどで長く活躍し、近年は世界一過酷なツーリングカーレースとして有名なニュルブルクリンク24時間耐久レースに「インプレッサWRX」で参戦を続け、2011〜2012年は連続クラス優勝を果たした吉田寿博選手。もうひとりは同じくニュルブルクリンク24時間でチームメイトとしてクラス優勝に輝いたほか、「BRZ GT300」でSUPER GTシリーズに参戦中の佐々木孝太選手だ。世界一タフな舞台でスバルとともに戦い、ドライビングダイナミクスの裏側まで知り尽くしたふたりはレヴォーグをどう評価しているのか?