【スペック】全長×全幅×全高=3600×1654×1470mm/ホイールベース=2367mm/車重=980kg/駆動方式=FF/1.2リッター直4SOHC16バルブターボ(100ps/5500rpm、14.8kgm/3000rpm)(欧州仕様)

ルノー・トゥインゴGT(FF/5MT)【海外試乗記(前編)】

小さな弾丸(前編) 2007.08.13 試乗記 ルノー・トゥインゴGT(FF/5MT)

2007年のジュネーブショーで発表された「ルノー・トゥインゴ」。14年ぶりのフルモデルチェンジとなった新型のターボモデルに試乗した。
ルノー・トゥインゴGT(FF/5MT)【海外試乗記(前編)】

初代の完成度

フランスで人気を博したコンパクトハッチ「ルノー・トゥインゴ」の後継モデル、いわゆる「“ヌーベル”トゥインゴ」の本国での販売が、2007年夏から開始された。

初代トゥインゴは、1992年に登場した3ドアモデル。小さなボディに広い室内をもつ。リアシートを前後にスライドさせ、自在に後席/荷室のスペースを増減できる、まことに使い勝手のいいタウンカーだった。
1.2リッターエンジンは、非力ながらもそれなりにトルキーで、よく回った。狭い道、わずかな駐車スペース。カラフルなトゥインゴは、パリにもっともフィットするクルマの1台だったといえる。
10年を越えるモデルライフの間にさまざまなバージョンが登場した。エンジンは、当初のOHVからSOHCに変更されたが、基本的なキャラクターは変わらなかった。初代トゥインゴのポテンシャルとユーティリティの高さがうかがえる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トゥインゴの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
  • 【デトロイトショー2017】スバル、2018年型「WRX/WRX STI」を発表 2017.1.6 自動車ニュース 富士重工業は2017年1月6日、北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー/開催期間:2017年1月8日~22日)で、2018年型「スバルWRX/WRX STI」の米国仕様を公開すると発表した。
ホームへ戻る