第3回:イタリアで妙な現象!? 「500」関連グッズが日用品店に並ぶワケ(大矢アキオ)

2007.08.11 エッセイ

第3回:イタリアで妙な現象!? 「500」関連グッズが日用品店に並ぶワケ(大矢アキオ)

まだまだ見ない

2007年7月4日、新型「フィアット500(チンクエチェント)」が発表され、早くも1カ月が経ったが、ボクはいまだに路上で一般人と思われる人が運転しているのを見たことがない。

たとえ「おおッ!」と目撃しても、Provaのデカールが貼ってあったりするのだ。
Provaとは試乗車。それも顔見知りのセールスの親父が、昼休みに家までの往復に使っていたりする。

まあ、本格的デリバリーが始まるのは、夏休み明けの9月以降だから、仕方ないといえば仕方ないのだが。

「太陽の道」沿いにあるアウトレットモールで。一角に展示された新型500。
「太陽の道」沿いにあるアウトレットモールで。一角に展示された新型500。
買い物客の注目を、それなりに惹いていた。
買い物客の注目を、それなりに惹いていた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。