スバルは「インプレッサ」を欧州導入、「トライベッカ」フェイスリフト【フランクフルトショー07】

2007.08.10 自動車ニュース

【フランクフルトショー07】スバルは「インプレッサ」を欧州導入、「トライベッカ」フェイスリフト

富士重工業は、2007年9月11から開催される第62回フランクフルトショー(IAA)に、新型「スバル・インプレッサ」の欧州仕様をはじめとする欧州導入予定の3車種を出展する。

先に日本で発表された新型「インプレッサ」が、欧州に上陸する。欧州向けとしては1.5と2リッターのAWDモデルがラインナップする予定。

さらに海外モデルとして展開する「トライベッカ」もフェイスリフトされ出品。先にニューヨークショーで発表された、3.6リッターの新型水平対向6気筒エンジンが搭載されたものと予想される。

また「スズキ・カルタス」のOEM供給により、スバルブランドとして販売されていた「ジャスティ」も新型にスイッチされ出展される。今度は「ダイハツ・ブーン」のバッヂ違いになるという。

上記の市販予定モデル3車種の他、新型インプレッサのWRC参戦に向けたWRカーイメージのデザインモデル「WRCコンセプト」や、電気自動車の「R1e」などが会場に並ぶ。

(webCG 本諏訪)

「スバル・インプレッサ」(欧州仕様)
「スバル・インプレッサ」(欧州仕様)
「スバル・トライベッカ」(欧州仕様)
「スバル・トライベッカ」(欧州仕様)
「スバルWRCコンセプト」
「スバルWRCコンセプト」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る