クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】180G:全長×全幅×全高=3930×1725×1525mm/ホイールベース=2460mm/車重=1170kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(132ps/6000rpm、17.5kgm/4400rpm)/価格=189万円(テスト車=214万6200円/VSC&TRC=6万3000円/ディスチャージヘッドランプ=4万7250円/DVDボイスナビゲーションシステム=13万1250円/ETCユニット=1万4700円)

トヨタ・イスト 180G(FF/4AT)/150X(4WD/CVT)/150X(FF/CVT)【試乗記】

 若者向け 2007.08.10 試乗記 トヨタ・イスト 180G(FF/4AT)/150X(4WD/CVT)/150X(FF/CVT)
……214万6200円/194万4600円/191万4150円

2007年7月30日にフルモデルチェンジを果した「トヨタ・イスト」。現代風に進化したエクステリアを備える新型に、自動車ジャーナリスト笹目二朗が試乗した。

大きくみせる

初代の「トヨタ・イスト」は2002年春に登場。全長4mを切るコンパクトサイズながら、高さ方向を大きめに採り、ワゴンやハッチバックの便利さも取り入れ、「トヨタ・ヴィッツ」より使いやすい実用性とちょっと上級で洒落た仕上げを特徴とし、大家族トヨタファミリーの中では個性的な存在を主張した。

その後「プジョー307」あたりから流行りだした、大きく見せるスタイリング傾向を先取りするカタチで成功を納める。今回の2代目も、基本的な成り立ちはヴィッツに準じるものの、さらに大きく立派にみせる手法を駆使して、SUVなどにも一脈通じるクロスオーバースタイルを強調。ひとまわり以上大きくなった印象ではあるが、実際には全幅こそ3ナンバーサイズとなったものの、全長は依然として4m未満を堅持する。そのスタイリングが最大のセールスポイントである。エンジンラインナップは1.3/1.5リッターから1.5/1.8リッターへと上へ移行した。

注目の記事PR
注目の記事一覧へ

今風のクルマ

まず1.5から試す。外観は最近のトヨタデザインの傾向である、デコボコしたプレスによる光の乱反射でまず威嚇する。前から来る姿やミラーに映った顔など、実際以上に大きくゴツく感じる。16インチの大径タイヤも逞しくみせることに成功している。やや下品とみるのは年寄りのヒガミで若者には受けるのだろう。なお外観に排気量を示すプレートはない。

1.5の変速機はCVTが組み合わさり滑らかな加速を約束する。ゲート式の変速レバーは、通常使う頻度の高い「D」と「S」が横に移動するだけ。簡単便利。DからSにするだけで活気が増し、1段階下のエンジンブレーキとしても使える。さらに下へ下げれば「B」があるが、エンジンブレーキはエンジン音がたかまる割りには、減速Gはさして強力ではない。

フットブレーキは右足でも左足でも踏みやすいし、AB同時にクロスさせてもエンジンが失速することはない。CVTの恩恵で、エンジン回転を落とさないまま、速度を減速させられる。一方、ブレーキを離した時には低いギア比(プーリー比)に自動的に移行しており、そのまま素早い加速体勢に移れる。

ちなみにイストは北米仕様にMTモデルが存在することから、カローラ同様サイドブレーキはレバー式を採用している。他の廉価版トヨタ車のような、2度踏みリリース方式の足踏み式ではないから、緊急時には反復使用もできる安心感をもつ。トヨタの中でも良識派だといえよう。


トヨタ・イスト 180G(FF/4AT)/150X(4WD/CVT)/150X(FF/CVT)【試乗記】の画像 拡大
【スペック】150X:全長×全幅×全高=3930×1725×1540mm/ホイールベース=2460mm/車重=1210kg/駆動方式=4WD/1.5リッター直4DOHC16バルブ(103ps/6000rpm、13.5kgm/4400rpm)/価格=186万9000円(テスト車=194万4600円/リアフォグランプ=1万500円/CD・AM/FMラジオ+6スピーカー&アクセサリーコネクタ=3万5700円/ETCユニット=1万4700円/寒冷地仕様=1万4700円)
【スペック】150X:全長×全幅×全高=3930×1725×1540mm/ホイールベース=2460mm/車重=1210kg/駆動方式=4WD/1.5リッター直4DOHC16バルブ(103ps/6000rpm、13.5kgm/4400rpm)/価格=186万9000円(テスト車=194万4600円/リアフォグランプ=1万500円/CD・AM/FMラジオ+6スピーカー&アクセサリーコネクタ=3万5700円/ETCユニット=1万4700円/寒冷地仕様=1万4700円) 拡大
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
トヨタ・イスト 180G(FF/4AT)/150X(FF/CVT)/150X(4WD/CVT)【短評】

1.8も良いけれど…

イストは趣味性を持つクルマではないが、気軽にちょっと近くのコンビニまで買い物に行くとか、家電などの生活用品を運ぶとか、軽便なアシとして使うには十分だ。フットワークも総じて軽快、乗り心地も大きな不満はない。微小領域の振動だとか、フラット感だとか、ロールがどうこうというような種類のクルマではない。ただ、166万円というベース価格は欧州製の小型車に比べると高いような気もする。

【スペック】150X:全長×全幅×全高=3930×1725×1525mm/ホイールベース=2460mm/車重=1150kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(109ps/6000rpm、14.1kgm/4400rpm)/価格=165万9000円(テスト車=191万4150円/195/60R16タイヤ&6Jアルミホイール=7万3500円/DVDボイスナビゲーションシステム=16万6950円/ETCユニット=1万4700円)
トヨタ・イスト 180G(FF/4AT)/150X(FF/CVT)/150X(4WD/CVT)【短評】

1.8はカローラなどと共通のユニットで、こちらは普通のトルコン4ATとなる。1.5モデルのCVTがエンジン回転の高いところからスタートするのに較べ、オートマのこちらは静かなところからスタートし、エンジン回転と共に速度が上がってゆく長年馴染んだ自然な感覚がある。だから総じて静粛に感じるし、エンジンブレーキなども期待通りに利く。1.8リッターはベース価格が189万円と高く、ナビなどのオプションを加えれば簡単に200万円を超える。そうなると走りっぷりは認められるものの、1.5を選んだ方が賢明と考えられる。

4WD仕様は1.5のみに用意される。これはリアデフ前に電子制御式のカプリングを備える。必要なときだけリアにトルクを伝えるタイプで、センターデフ式のフルタイム4WDではない。イストの車両重量は1150〜1170kgと比較的軽く、通常の使用では雪国でもFFで十分に走れる。だから、急坂や特別な状況で使うことが多いヒト以外、あえてこれを選ぶ理由はなさそうだ。

リアシートに3人乗せる場合にはセンタートンネルが邪魔だし、4WDの装置はそれなりに騒音の原因でもある。フルタイム4WDであれば、高速や強風雨天時には安定性など普段でもメリットはあるが、ただ積んでおくだけでは燃費に悪いだけだ。

(文=笹目二朗/写真=峰昌宏)

関連キーワード:
イストトヨタ試乗記

あなたにおすすめの記事