【スペック】180G:全長×全幅×全高=3930×1725×1525mm/ホイールベース=2460mm/車重=1170kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(132ps/6000rpm、17.5kgm/4400rpm)/価格=189万円(テスト車=214万6200円/VSC&TRC=6万3000円/ディスチャージヘッドランプ=4万7250円/DVDボイスナビゲーションシステム=13万1250円/ETCユニット=1万4700円)

トヨタ・イスト 180G(FF/4AT)/150X(4WD/CVT)/150X(FF/CVT)【試乗記】

 若者向け 2007.08.10 試乗記 トヨタ・イスト 180G(FF/4AT)/150X(4WD/CVT)/150X(FF/CVT)
……214万6200円/194万4600円/191万4150円

2007年7月30日にフルモデルチェンジを果した「トヨタ・イスト」。現代風に進化したエクステリアを備える新型に、自動車ジャーナリスト笹目二朗が試乗した。

大きくみせる

初代の「トヨタ・イスト」は2002年春に登場。全長4mを切るコンパクトサイズながら、高さ方向を大きめに採り、ワゴンやハッチバックの便利さも取り入れ、「トヨタ・ヴィッツ」より使いやすい実用性とちょっと上級で洒落た仕上げを特徴とし、大家族トヨタファミリーの中では個性的な存在を主張した。

その後「プジョー307」あたりから流行りだした、大きく見せるスタイリング傾向を先取りするカタチで成功を納める。今回の2代目も、基本的な成り立ちはヴィッツに準じるものの、さらに大きく立派にみせる手法を駆使して、SUVなどにも一脈通じるクロスオーバースタイルを強調。ひとまわり以上大きくなった印象ではあるが、実際には全幅こそ3ナンバーサイズとなったものの、全長は依然として4m未満を堅持する。そのスタイリングが最大のセールスポイントである。エンジンラインナップは1.3/1.5リッターから1.5/1.8リッターへと上へ移行した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
ホームへ戻る