【スペック】180G:全長×全幅×全高=3930×1725×1525mm/ホイールベース=2460mm/車重=1170kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(132ps/6000rpm、17.5kgm/4400rpm)/価格=189万円(テスト車=214万6200円/VSC&TRC=6万3000円/ディスチャージヘッドランプ=4万7250円/DVDボイスナビゲーションシステム=13万1250円/ETCユニット=1万4700円)

トヨタ・イスト 180G(FF/4AT)/150X(4WD/CVT)/150X(FF/CVT)【試乗記】

 若者向け 2007.08.10 試乗記 トヨタ・イスト 180G(FF/4AT)/150X(4WD/CVT)/150X(FF/CVT)
……214万6200円/194万4600円/191万4150円

2007年7月30日にフルモデルチェンジを果した「トヨタ・イスト」。現代風に進化したエクステリアを備える新型に、自動車ジャーナリスト笹目二朗が試乗した。

大きくみせる

初代の「トヨタ・イスト」は2002年春に登場。全長4mを切るコンパクトサイズながら、高さ方向を大きめに採り、ワゴンやハッチバックの便利さも取り入れ、「トヨタ・ヴィッツ」より使いやすい実用性とちょっと上級で洒落た仕上げを特徴とし、大家族トヨタファミリーの中では個性的な存在を主張した。

その後「プジョー307」あたりから流行りだした、大きく見せるスタイリング傾向を先取りするカタチで成功を納める。今回の2代目も、基本的な成り立ちはヴィッツに準じるものの、さらに大きく立派にみせる手法を駆使して、SUVなどにも一脈通じるクロスオーバースタイルを強調。ひとまわり以上大きくなった印象ではあるが、実際には全幅こそ3ナンバーサイズとなったものの、全長は依然として4m未満を堅持する。そのスタイリングが最大のセールスポイントである。エンジンラインナップは1.3/1.5リッターから1.5/1.8リッターへと上へ移行した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・オーリス120T(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.25 試乗記 トヨタ初の1.2リッター直噴ターボエンジンを搭載する「トヨタ・オーリス120T」に試乗。その走りは“ダウンサイジング”では一歩先を行く欧州勢に迫ったか? 遅れてきた主役の実力を探った。
  • トヨタ・オーリスRS“Sパッケージ”(FF/6MT)【試乗記】 2012.10.18 試乗記 トヨタ・オーリスRS“Sパッケージ”(FF/6MT)
    ……255万3083円

    大胆なテレビCMが話題となった「トヨタ・オーリス」。その走りをMTモデルで確かめた。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
  • トヨタ・オーリス120T/86 GT“リミテッド”/プリウスα G's/ハリアーG's【試乗記】 2015.4.14 試乗記 マイナーチェンジと合わせ、新開発の1.2リッターターボエンジン搭載モデルが追加された「オーリス」と、小変更を受けた「86(ハチロク)」、「G's」のラインナップに加わった「プリウスα(アルファ)G's」「ハリアーG's」をサーキットで試乗した。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
ホームへ戻る