新型「マツダ・デミオ」、ひとつきで1万5000台を受注

2007.08.09 自動車ニュース
「マツダ・デミオ」
新型「マツダ・デミオ」、ひと月で1万5000台を受注

新型「マツダ・デミオ」、ひとつきで1万5000台を受注

マツダは、新型コンパクトカー「デミオ」の受注台数が、2007年7月5日の発売から1ヵ月で1万5000台に達したと発表した。

写真は、発表会場の様子。多くのひとに囲まれるのは、人気色「サンライトシルバーメタリック」のデミオ。
新型「マツダ・デミオ」、ひとつきで1万5000台を受注

小さくなった新型「デミオ」が、初期の受注台数を大きく伸長。発売からちょうど1ヵ月で、月間目標販売台数(5000台)の3倍を受注した。
排気量別の内訳は、1.3リッターのベーシックグレード「13C」と、ミラーサイクルエンジンで23km/リッター(10・15モード)の低燃費をウリにする「13C-V」が約60%。1.5リッターのスポーティグレード「SPORT」も、予想の2倍以上を受注したとのことだ。
トランスミッションで見れば、(OEM供給の軽自動車を除いて)マツダ車初採用のCVTモデルが、全体の過半数を占める。

ボディカラーは、「サンライトシルバーメタリック」(銀色)、「メトロポリタングレーマイカ」(灰色)、「アイシーブルーメタリック」(水色)の順で人気が高く、イメージカラーの緑色「スピリティッドグリーンメタリック」は、全11色のうち前半にランクイン。
購入顧客層は、当初の狙い通り(?)20〜30代の独身層および、既婚女性が中心だという。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デミオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダが「デミオ」を一部改良、特別仕様車も設定 2016.10.14 自動車ニュース マツダがコンパクトカーの「デミオ」を一部改良。内外装の仕様を変更するとともに、運転支援システムの設定を大幅に強化した。また、エンジンのトルク制御で車両の操縦安定性能や快適性を高める「Gベクタリングコントロール」を新たに採用した。
  • マツダ・デミオXDツーリング(FF/6AT)/デミオ13Sツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.2.23 試乗記 発売から1年あまり、「マツダ・デミオ」がドライバーとの人馬一体感を深める改良を受けた。その進化のほどは? 「デミオXDツーリング」と「デミオ13Sツーリング Lパッケージ」に試乗した。
  • マツダ・デミオ13S(FF/6AT)【試乗記】 2014.11.10 試乗記 デビュー以来、好調なセールスが伝えられる4代目「マツダ・デミオ」。このクルマならではの魅力はどこにあるのか? ガソリン車の中間グレード「13S」で探った。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る