新型「マツダ・デミオ」、ひとつきで1万5000台を受注

2007.08.09 自動車ニュース
「マツダ・デミオ」
新型「マツダ・デミオ」、ひと月で1万5000台を受注

新型「マツダ・デミオ」、ひとつきで1万5000台を受注

マツダは、新型コンパクトカー「デミオ」の受注台数が、2007年7月5日の発売から1ヵ月で1万5000台に達したと発表した。

写真は、発表会場の様子。多くのひとに囲まれるのは、人気色「サンライトシルバーメタリック」のデミオ。
新型「マツダ・デミオ」、ひとつきで1万5000台を受注

小さくなった新型「デミオ」が、初期の受注台数を大きく伸長。発売からちょうど1ヵ月で、月間目標販売台数(5000台)の3倍を受注した。
排気量別の内訳は、1.3リッターのベーシックグレード「13C」と、ミラーサイクルエンジンで23km/リッター(10・15モード)の低燃費をウリにする「13C-V」が約60%。1.5リッターのスポーティグレード「SPORT」も、予想の2倍以上を受注したとのことだ。
トランスミッションで見れば、(OEM供給の軽自動車を除いて)マツダ車初採用のCVTモデルが、全体の過半数を占める。

ボディカラーは、「サンライトシルバーメタリック」(銀色)、「メトロポリタングレーマイカ」(灰色)、「アイシーブルーメタリック」(水色)の順で人気が高く、イメージカラーの緑色「スピリティッドグリーンメタリック」は、全11色のうち前半にランクイン。
購入顧客層は、当初の狙い通り(?)20〜30代の独身層および、既婚女性が中心だという。

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • マツダ・デミオ13S(FF/6AT)【試乗記】 2014.11.10 試乗記 デビュー以来、好調なセールスが伝えられる4代目「マツダ・デミオ」。このクルマならではの魅力はどこにあるのか? ガソリン車の中間グレード「13S」で探った。
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る