新型「マツダ・デミオ」、ひとつきで1万5000台を受注

2007.08.09 自動車ニュース
「マツダ・デミオ」
新型「マツダ・デミオ」、ひと月で1万5000台を受注

新型「マツダ・デミオ」、ひとつきで1万5000台を受注

マツダは、新型コンパクトカー「デミオ」の受注台数が、2007年7月5日の発売から1ヵ月で1万5000台に達したと発表した。

写真は、発表会場の様子。多くのひとに囲まれるのは、人気色「サンライトシルバーメタリック」のデミオ。
新型「マツダ・デミオ」、ひとつきで1万5000台を受注

小さくなった新型「デミオ」が、初期の受注台数を大きく伸長。発売からちょうど1ヵ月で、月間目標販売台数(5000台)の3倍を受注した。
排気量別の内訳は、1.3リッターのベーシックグレード「13C」と、ミラーサイクルエンジンで23km/リッター(10・15モード)の低燃費をウリにする「13C-V」が約60%。1.5リッターのスポーティグレード「SPORT」も、予想の2倍以上を受注したとのことだ。
トランスミッションで見れば、(OEM供給の軽自動車を除いて)マツダ車初採用のCVTモデルが、全体の過半数を占める。

ボディカラーは、「サンライトシルバーメタリック」(銀色)、「メトロポリタングレーマイカ」(灰色)、「アイシーブルーメタリック」(水色)の順で人気が高く、イメージカラーの緑色「スピリティッドグリーンメタリック」は、全11色のうち前半にランクイン。
購入顧客層は、当初の狙い通り(?)20〜30代の独身層および、既婚女性が中心だという。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デミオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • マツダ、運転支援システムの設定を大幅に拡大 2017.3.13 自動車ニュース マツダが「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」と呼ばれる運転支援システムの設定を大幅に拡大。2017年度中に、「デミオ」「アクセラ」「アテンザ」「CX-3」「CX-5」の5モデルにおいて、標準装備化すると発表した。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「フィアット500」に青い海をイメージした限定車登場 2017.3.15 自動車ニュース FCAジャパンは2017年3月15日、「フィアット500」に特別仕様車「MareBlu(マーレブル)」を設定し、同年3月25日に100台の台数限定で発売すると発表した。
ホームへ戻る