トヨタ、より快適なシートヒーターを開発

2007.08.09 自動車ニュース

トヨタ、より快適なシートヒーターを開発

トヨタ自動車は、新しい機能を備えたシートヒーター「快適温熱シート」を開発、今後発売される新型車への採用を発表した。

快適温熱シートは、人間工学の見地から、シートヒーターの配置と温度分布を見直し、温度調節機能を加えたもの。

長時間座っていると負担のかかりやすい肩の部分にヒーターを配置するほか、従来はシート全体で均一だったヒーターの温度設定を各箇所によって変更。これにより、乗車中に負担がかかる肩や腰、冷えやすい下肢を効果的に温めることが可能になったという。

また、温度調節機能により、冬場だけでなく、夏の冷房使用時における冷え対策にも活用できるようになったとのこと。

(webCG 依田)

左が従来、右が「快適温熱シート」。従来のものと比較すると、暖める箇所がより細かく設定され、温度も箇所によって変更されているのがわかる。
左が従来、右が「快適温熱シート」。従来のものと比較すると、暖める箇所がより細かく設定され、温度も箇所によって変更されているのがわかる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。