【スペック】全長×全幅×全高=4415×1740×1475mm/ホイールベース=2620mm/車重=1270kg/駆動方式=FF/1.5リッター水平対向4DOHC16バルブ(110ps/6400rpm、14.7kgm/3200rpm)/価格=151万2000円(テスト車=194万7750円)

スバル・インプレッサ15S(FF/4AT)【ブリーフテスト】

スバル・インプレッサ15S(FF/4AT) 2007.08.09 試乗記 ……194万7750円
総合評価……★★★
フラット4の1.5リッターエンジンを搭載する新型「インプレッサ 15S」。クルマの素性がわかる、ベーシックモデルでその実力を試す。

新しい発見の予感!?

あまりの変貌ぶりに、熱心なファンからは「これはインプレッサじゃない!」という声が聞かれる新型「スバル・インプレッサ」。デザインひとつとっても、新型からバッジを外したら、モデルどころからメーカーすら言い当てられないのではないか、と思えるほど大変身を遂げているのだから、戸惑うのも無理はないし、さびしい気持ちもよくわかる。そんな反応は承知のうえで新型を世に送り出したスバルの判断が果たして吉と出るか凶と出るか、今後の販売を見守りたいところだ。

一方、今回のフルモデルチェンジで誕生したインプレッサをまったく新しいクルマと割り切って眺めると、新型のデザインはとても爽やかで、なにか新しい発見を予感させるし、“スバル=4WD”“インプレッサ=スポーツ”のイメージと対極にあるこのベーシックなFFモデルでも基本性能の高さを感じられた。ただ、ベーシックモデルだからといって、運転や安全の基本に関わる装備をオプション扱いするのは疑問。ぜひ標準化を願う。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • 【デトロイトショー2017】スバル、2018年型「WRX/WRX STI」を発表 2017.1.6 自動車ニュース 富士重工業は2017年1月6日、北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー/開催期間:2017年1月8日~22日)で、2018年型「スバルWRX/WRX STI」の米国仕様を公開すると発表した。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
ホームへ戻る