「マツダRX-8」ロータリーエンジン40周年記念車が発売

2007.08.08 自動車ニュース
専用ボディカラーに特別装備が施された限定モデル
「マツダRX-8」ロータリーエンジン40周年記念車発売

「マツダRX-8」ロータリーエンジン40周年記念車が発売

マツダは2007年8月8日、マツダのロータリー車発売40周年を記念した限定車「マツダRX8ロータリーエンジン40周年記念車」を発売した。

マツダ初のロータリーエンジン搭載車「コスモスポーツ」
「マツダRX-8」ロータリーエンジン40周年記念車発売

マツダは、同社初のロータリーエンジン搭載モデル「コスモスポーツ」を1967年に発売。その後も「ファミリアロータリークーペ」「サバンナ」「RX-7」「ユーノスコスモ」など各種のロータリーエンジン車を生産・販売し続けてきた。現在も、ロータリーエンジンにおける課題である燃費や環境性能の向上に引き続き取り組んでいる。

エクステリアでは専用色となるマーブルホワイトが用意されるほか、ヘッドランプとリアコンビランプはセミグロスメッキで縁取りされ、40周年記念オーナメント、ダークシルバー高輝度塗装18インチアルミホイール、フロントフォグランプ(ブルーリフレクタータイプ)が特別装備される。

インテリアにおいては、本革レザーとアルカンターラのハーフレザーシートや、アドバンストキーレスエントリー&エンジンスタートシステムを装着。ステアリングホイールやパーキングブレーキレバー、シフトノブなども専用の黒革仕様になる。

また、足まわりにはRX-8初となるビルシュタイン社製ダンパーを採用。スポーツ性と快適性を高次元で両立したという。

車両価格は、315.0万円(6AT、6MT共通)。200台の限定販売となる。

(webCG 玉城)

関連キーワード:
RX-8マツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダRX-8(6MT)【海外試乗記(前編)】 2003.1.22 試乗記 マツダRX-8(6MT)

    ついに発売へのカウントダウンが始まったロータリースポーツ「RX-8」。“4ドア4シータースポーツ”というコンセプトを掲げ、観音開きのドアをもつマツダのニューモデルはどうなのか? 自動車ジャーナリスト河村康彦による「RX-8試乗報告」、その前編。


  • マツダRX-8 SPIRIT R(FR/6MT)【試乗記】 2012.5.1 試乗記 マツダRX-8 SPIRIT R(FR/6MT)
    ……325万円

    2012年6月に生産中止される「RX-8」。最後の特別仕様車「SPIRIT R(スピリットアール)」に乗り、RX-8の、そしてロータリーエンジンの来し方に思いをめぐらせた。
  • マツダRX-8 タイプS(FR/6MT)【試乗記】 2012.1.17 試乗記 マツダRX-8 タイプS(FR/6MT)
    ……327万750円

    「RX-8」の生産を2012年6月で終了すると、マツダが発表したのは昨年秋のこと。ロータリースポーツの到達点を記憶するために、最後の「タイプS」で箱根を目指した。
  • マツダRX-8 Type RS(FR/6MT)/Type S(FR/6MT)【試乗速報】 2008.3.28 試乗記 マツダRX-8 Type RS(FR/6MT)/Type S(FR/6MT)
    ……354万4800円/327万750円

    デビューから5年、初のマイナーチェンジをしたマツダの4シータースポーツカー「RX-8」。スタイリングからエンジンに至るまで大幅に手が加えられた新型はどんな走りをみせるのか。
  • マツダRX-8 Type S(FR/6MT)【ブリーフテスト】 2008.6.19 試乗記 ……327万750円
    総合評価……★★★

    2008年3月に大がかりなマイナーチェンジをうけ、生まれ変わった「RX-8」。外観のみならず、中身にも大幅に手が入った新型に試乗した。
ホームへ戻る