第331回:ナンパと思ったら驚くほど硬派!
「ボルボC30」かんたんインプレッション

2007.08.08 エッセイ

第331回:ナンパと思ったら驚くほど硬派!「ボルボC30」かんたんインプレッション

かなりお金がかかってる

ネットで最初に見た時、一瞬「なんじゃこりゃ?」と思ったボルボのニューカー「C30」。
ボルボとしては1986年デビューの480シリーズ以来となるコンパクトハッチバックで、どっからどうみても優先したのはデザイン。さらに手頃な値段といいサイズといい、こりゃてっきり女性向けのナンパなファッショナブルカーじゃん! と決めつけていたんだけど、乗ってみたら全然違いました。
いわばボルボブランド全体のシンボルカーで、ある意味、アウディでいうところの「TT」に当てはまる。ナンパどころか硬派なクルマだったんです!

まずはデザイン。最新ボルボデザインのキモであるフェンダーの張り出し量は、全ボルボ中ナンバーワン! それがリアでスパッっと斜めに切られてる上に、珍しいガラスムキ出しのハッチゲートまで備わってる。

一見、「S40」や「V50」と同じと思えるフロントセクション外板は、実は専用設計。共通部品はボンネットとドアハンドルだけだそうな。
もちろん中身はS40とかと基本的に同じなんだけど、デザインにかなり金かけてます。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』