新型「マツダ・アテンザ」、フランクフルトでお披露目【フランクフルトショー07】

2007.08.08 自動車ニュース

【フランクフルトショー07】新型「マツダ・アテンザ」、フランクフルトでお披露目

マツダは、2007年9月11-23日の日程で開催される第62回フランクフルトショーに、ワールドプレミアとして「Mazda6(日本名:マツダ・アテンザ)」の新型を公開すると発表した。

マツダのミドルクラスセダン「アテンザ」は、2002年5月のデビュー(ワゴンは同年6月)。2005年8月には、ハイパフォーマンスモデルの「マツダスピードアテンザ」をラインナップに加えた。
今回、約5年ぶりにフルモデルチェンジを果たし2代目となる。

同社によれば、新型では「マツダ伝統の『一体感のある走り』を継承しつつ『際立つデザイン』と『抜群の機能性』を進化させ」、「造り込み品質の大幅な向上と環境、安全への配慮を強化、新型『Mazda6』ならではの歓びの体験を提供する」とのことだ。

「アテンザ(ATENZA)」のネーミングは、イタリア語で「注目」を意味する「attenzione(アテンツィオーネ)」から。はたして、フランクフルトではひとびとの注目を集められるか!?

(webCG 関)

写真は新型「Mazda6」(欧州仕様)。
写真は新型「Mazda6」(欧州仕様)。

関連キーワード:
アテンザセダンマツダフランクフルトモーターショー2007自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.3 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)/アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2015.1.16 試乗記 「マツダ・アテンザ」が「CX-5」とともに大規模なマイナーチェンジを受けて完成度を一段と高めた。2.2リッターディーゼルエンジンを搭載するセダンとワゴンのステアリングを握り、デビューから2年を経たフラッグシップモデルの“進化論”を検証した。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
ホームへ戻る