新型「マツダ・アテンザ」、フランクフルトでお披露目【フランクフルトショー07】

2007.08.08 自動車ニュース

【フランクフルトショー07】新型「マツダ・アテンザ」、フランクフルトでお披露目

マツダは、2007年9月11-23日の日程で開催される第62回フランクフルトショーに、ワールドプレミアとして「Mazda6(日本名:マツダ・アテンザ)」の新型を公開すると発表した。

マツダのミドルクラスセダン「アテンザ」は、2002年5月のデビュー(ワゴンは同年6月)。2005年8月には、ハイパフォーマンスモデルの「マツダスピードアテンザ」をラインナップに加えた。
今回、約5年ぶりにフルモデルチェンジを果たし2代目となる。

同社によれば、新型では「マツダ伝統の『一体感のある走り』を継承しつつ『際立つデザイン』と『抜群の機能性』を進化させ」、「造り込み品質の大幅な向上と環境、安全への配慮を強化、新型『Mazda6』ならではの歓びの体験を提供する」とのことだ。

「アテンザ(ATENZA)」のネーミングは、イタリア語で「注目」を意味する「attenzione(アテンツィオーネ)」から。はたして、フランクフルトではひとびとの注目を集められるか!?

(webCG 関)

写真は新型「Mazda6」(欧州仕様)。
写真は新型「Mazda6」(欧州仕様)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アテンザセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • マツダCX-3 XDプロアクティブ(4WD/6MT)【試乗記】 2016.12.14 試乗記 デビュー以来、コンスタントに改良が続けられる「マツダCX-3」。現時点における完成度を確かめるため、最新のディーゼル4WD車に試乗。その“走り”の進化に、足まわりの開発におけるマツダの模索を見た。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • アクセラセダンに2.2ディーゼル搭載車を設定 2015.12.17 自動車ニュース マツダは2015年12月17日、「アクセラセダン」にクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」を搭載した特別仕様車「XD(クロスディー)」を設定し、同日発売した。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
ホームへ戻る