【スペック】全長×全幅×全高=4315×1780×1615mm/ホイールベース=2630mm/車重=1420kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(137ps/5200rpm、20.4kgm/4400rpm)/価格=222万750円(テスト車=273万5750円)

日産デュアリス 20G(FF/CVT)【ブリーフテスト】

日産デュアリス 20G(FF/CVT) 2007.08.08 試乗記 ……273万5750円
総合評価……★★★★

イギリスで生産される日産の逆輸入車「デュアリス」。クロスオーバールックのスタイリングだけではなく、走りも欧州仕込みなのか?

 
日産デュアリス 20G(FF/CVT)【ブリーフテスト】

ヒットの予感

「日産デュアリス」は素直にカッコよさが光る。これならスタイリングだけで選んでも間違いではないだろう。インテリアもなかなか魅力的に処理されており、あえてセダンを買う必要のない顧客にもアピールしそう。SUVの中でも大き過ぎないサイズとあってヒットする予感あり。

走行性も上々。乗り心地はしっとり落ちついておりSUVにつきまとう荒さがない。ボディもしっかりしている。ロードノイズ的な微振動はやや気になるも、路面によって変化があるのでタイヤのせいにできる。ハンドリングも破綻なし。「マツダCX-7」の出現で判断基準は変わってしまったが、デュアリスは重量が思いのほか軽く仕上がっており、ドタドタした鈍重感とは無縁。4WDでなくとも普段の使い途にはFFで十分。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デュアリスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その16) 2017.3.10 画像・写真 ベントレーモーターズは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で、ラグジュアリークラスのEVを提案するコンセプトカー「EXP 12 スピード6e」などを披露した。その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る