「レガシィ」セダン&ワゴンに特別仕様車「tuned by STI」

2007.08.07 自動車ニュース

「レガシィ」セダン&ワゴンに特別仕様車「tuned by STI」

富士重工業のモータースポーツ専門会社スバルテクニカインターナショナル(STI)は、「スバル・レガシィ」のセダンとワゴンに、特別仕様車「tuned by STI」を設定、2007年8月7日に発売した。

2005年と2006年の8月にも特別仕様車としてリリースされた同車。ベース車両となるのは、従来どおりシンメトリカルAWDに2リッターのフラット4ツインターボエンジンを載せた「2.0GT Spec.B」。今年、ベース車両にキーレスアクセス&プッシュスタートが装備されるなどの仕様変更があったため、STI版も最新版となって再び発売された。

インテリアでは、STIロゴ入り260km/hスケールメーターをはじめとして、様々な専用のパーツを装備。エクステリアにおいては、STI製の左右4本出しスポーツマフラーやエアロパーツ等、随所に独自の装備が施される。

シャシーは、新開発のフレキシブルタワーバー、専用のビルシュタイン製ダンパー&STI製チューニングスプリングを採用したほか、225/40R18のポテンザRE050Aにブラック塗装のブレンボ製ブレーキというスポーティな足まわりが与えられた。最大出力こそ280ps/35.0kgm(AT車は260ps/35.0kgm)と、ベース車と同じものの、ECU、TCU(AT車)のプログラムを変更したことにより、アクセル操作に対するリニアなレスポンスと加速感を実現したと謳う。

ボディカラーはWRブルー、マイカサテンホワイト、パールダイヤモンドグレー・メタリックの3カラーがラインナップ。

価格は、ツーリングワゴンがベース車両より93万4500円高い427万3500円、セダンのB4は95万5500円高い413万7000円(いずれも6MT、5AT共通)。

(webCG 玉城)

 
「レガシィ」セダン&ワゴンに特別仕様車「tuned by STI」の画像
左:STIチューニング・ビルシュタイン製ダンパー&STI製チューニングスプリング
右:ブレンボ製17インチ対向4ポットフロントブレーキキャリパー(ブラック塗装)
左:STIチューニング・ビルシュタイン製ダンパー&STI製チューニングスプリング
	右:ブレンボ製17インチ対向4ポットフロントブレーキキャリパー(ブラック塗装)
 
「レガシィ」セダン&ワゴンに特別仕様車「tuned by STI」の画像

関連キーワード:
レガシィB4レガシィツーリングワゴン スバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)/レガシィB4リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2017.10.25 試乗記 より走りに磨きをかけた「BRZ」の新グレード「STI Sport」と、このほどマイナーチェンジを受けた旗艦車種「レガシィ アウトバック/B4」。スバルの2つの最新モデルには、走りの方向性は違えど、このメーカーならではの確かなアイデンティティーが感じられた。
  • スズキGSX-R1000R ABS(MR/6MT)【レビュー】 2017.10.26 試乗記 「The Top Performer」という潔いうたい文句とともに、「スズキGSX-R1000R」がいよいよ日本に正規導入された。世界耐久選手権やMotoGPの技術が取り入れられたという旗艦モデルの走りとは? 公道での試乗を通し、実力の一端を垣間見た。
  • スバル・レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSight(4WD/C... 2017.11.4 試乗記
  • スズキVストローム250(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.4 試乗記