「レガシィ」セダン&ワゴンに特別仕様車「tuned by STI」

2007.08.07 自動車ニュース

「レガシィ」セダン&ワゴンに特別仕様車「tuned by STI」

富士重工業のモータースポーツ専門会社スバルテクニカインターナショナル(STI)は、「スバル・レガシィ」のセダンとワゴンに、特別仕様車「tuned by STI」を設定、2007年8月7日に発売した。

2005年と2006年の8月にも特別仕様車としてリリースされた同車。ベース車両となるのは、従来どおりシンメトリカルAWDに2リッターのフラット4ツインターボエンジンを載せた「2.0GT Spec.B」。今年、ベース車両にキーレスアクセス&プッシュスタートが装備されるなどの仕様変更があったため、STI版も最新版となって再び発売された。

インテリアでは、STIロゴ入り260km/hスケールメーターをはじめとして、様々な専用のパーツを装備。エクステリアにおいては、STI製の左右4本出しスポーツマフラーやエアロパーツ等、随所に独自の装備が施される。

シャシーは、新開発のフレキシブルタワーバー、専用のビルシュタイン製ダンパー&STI製チューニングスプリングを採用したほか、225/40R18のポテンザRE050Aにブラック塗装のブレンボ製ブレーキというスポーティな足まわりが与えられた。最大出力こそ280ps/35.0kgm(AT車は260ps/35.0kgm)と、ベース車と同じものの、ECU、TCU(AT車)のプログラムを変更したことにより、アクセル操作に対するリニアなレスポンスと加速感を実現したと謳う。

ボディカラーはWRブルー、マイカサテンホワイト、パールダイヤモンドグレー・メタリックの3カラーがラインナップ。

価格は、ツーリングワゴンがベース車両より93万4500円高い427万3500円、セダンのB4は95万5500円高い413万7000円(いずれも6MT、5AT共通)。

(webCG 玉城)

 
「レガシィ」セダン&ワゴンに特別仕様車「tuned by STI」の画像
左:STIチューニング・ビルシュタイン製ダンパー&STI製チューニングスプリング
右:ブレンボ製17インチ対向4ポットフロントブレーキキャリパー(ブラック塗装)
左:STIチューニング・ビルシュタイン製ダンパー&STI製チューニングスプリング
	右:ブレンボ製17インチ対向4ポットフロントブレーキキャリパー(ブラック塗装)
 
「レガシィ」セダン&ワゴンに特別仕様車「tuned by STI」の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • スバル、「レヴォーグ」と「WRX S4」を2017年夏に改良 2017.6.5 自動車ニュース スバルは2017年6月5日、「レヴォーグ」と「WRX S4」を大幅改良すると発表した。車両の発表は2017年の夏を予定している。新しいレヴォーグとWRX S4には、大きく進化したアイサイトが搭載される見込み。
ホームへ戻る