【スペック】全長×全幅×全高=4490×1730×1545mm/ホイールベース=2500mm/車重=1190kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(110ps/6000rpm、14.6kgm/4000rpm)/価格=165万9000円(テスト車=同じ)

スズキSX4セダン 1.5G(FF/4AT)【試乗記】

子供が巣立ったら 2007.08.07 試乗記 スズキSX4セダン1.5G(FF/4AT)
……165万9000円

5ドアのクロスオーバー「SX4」に、トランクを追加したセダンバージョンが誕生。1.5リッターを積む、ノッチバックモデルに試乗した。

ノッチバック149万1000円から

プレス試乗会の会場となったホテルの前に「スズキSX4セダン」が並んでいるのを見て、アララ……と思った。
ずいぶんとまぁ、地味になったこと。
すぐ隣に、比較試乗車としてハッチバックの「SX4」が置かれていたから、なおさらそう感じた。

2004年に「スイフト」発売されてからこっち、「スズキ車のデザインが一皮むけた」と感じているヒトは多いだろう。続いて登場した“クロスオーバー”を謳う「SX4」もまた、なんとも若やいだ、フレッシュな5ドアモデルだった。そのノッチバック版と聞いて、勇んでやってきたのだが……。

2007年7月24日から販売が開始されたSX4セダンは、1.5リッター(110ps、14.6kgm)と4段ATを組み合わせた、コンベンショナルなFF(前輪駆動)モデルである。当面、4WDは用意されない。装備の違いで、2グレードが設定される。

1.5F:149万1000円
1.5G:165万9000円

たとえば、「日産ティーダラティオ」は132万3000〜180万8100円(1.5リッター)、「ホンダ・フィットアリア」が142万8000〜171万1500円である。スズキSX4セダンの価格は、なかなか魅力的だ。

サイズは、ベースの「SX4」(写真右)に比べて335mm長く、40mm低くなった。全幅およびホイールベースは変わらない。
サイズは、ベースの「SX4」(写真右)に比べて335mm長く、40mm低くなった。全幅およびホイールベースは変わらない。
 
スズキSX4セダン 1.5G(FF/4AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スズキ・キザシ(4WD/CVT)【試乗記】 2009.12.4 試乗記 スズキ・キザシ(4WD/CVT)
    ……302万9250円

    2009年の東京モーターショーで突如デビューした「スズキ・キザシ」。プレミアムセダン市場というジャンルに新規参入するスズキのチャレンジ作、その実力やいかに?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・バレーノXT(FF/6AT)/バレーノXG(FF/CVT)【試乗記】 2016.4.14 試乗記 スズキの新型Bセグメントコンパクト「バレーノ」がいよいよ日本でも発売された。インドで生産され、スズキの“お膝元”へと輸出される新しいグローバルカーの出来栄えやいかに? 運動性能と快適性を中心に、その実力を確かめた。
  • フェラーリ812スーパーファスト 2017.2.17 画像・写真 フェラーリは2017年3月7日に開幕するジュネーブショー2017で、フラッグシップモデル「812スーパーファスト」を発表する。800psと73.2kgmを生み出す6.5リッターV12自然吸気エンジンを搭載し、340km/hの最高速を誇る。
  • 第1回:お手ごろ価格でも楽しさは満点
    輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~
    2017.2.14 特集 インポートカーの魅力はお値段に比例しない!? 年に一度の輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」が、今年も神奈川・大磯ロングビーチで開催された。まずは300万円以下のエントリーモデルのなかから、編集部員が注目した3台の魅力をリポートする。
ホームへ戻る