【スペック】全長×全幅×全高=4490×1730×1545mm/ホイールベース=2500mm/車重=1190kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(110ps/6000rpm、14.6kgm/4000rpm)/価格=165万9000円(テスト車=同じ)

スズキSX4セダン 1.5G(FF/4AT)【試乗記】

子供が巣立ったら 2007.08.07 試乗記 スズキSX4セダン1.5G(FF/4AT)
……165万9000円

5ドアのクロスオーバー「SX4」に、トランクを追加したセダンバージョンが誕生。1.5リッターを積む、ノッチバックモデルに試乗した。

ノッチバック149万1000円から

プレス試乗会の会場となったホテルの前に「スズキSX4セダン」が並んでいるのを見て、アララ……と思った。
ずいぶんとまぁ、地味になったこと。
すぐ隣に、比較試乗車としてハッチバックの「SX4」が置かれていたから、なおさらそう感じた。

2004年に「スイフト」発売されてからこっち、「スズキ車のデザインが一皮むけた」と感じているヒトは多いだろう。続いて登場した“クロスオーバー”を謳う「SX4」もまた、なんとも若やいだ、フレッシュな5ドアモデルだった。そのノッチバック版と聞いて、勇んでやってきたのだが……。

2007年7月24日から販売が開始されたSX4セダンは、1.5リッター(110ps、14.6kgm)と4段ATを組み合わせた、コンベンショナルなFF(前輪駆動)モデルである。当面、4WDは用意されない。装備の違いで、2グレードが設定される。

1.5F:149万1000円
1.5G:165万9000円

たとえば、「日産ティーダラティオ」は132万3000〜180万8100円(1.5リッター)、「ホンダ・フィットアリア」が142万8000〜171万1500円である。スズキSX4セダンの価格は、なかなか魅力的だ。

サイズは、ベースの「SX4」(写真右)に比べて335mm長く、40mm低くなった。全幅およびホイールベースは変わらない。
サイズは、ベースの「SX4」(写真右)に比べて335mm長く、40mm低くなった。全幅およびホイールベースは変わらない。
 
スズキSX4セダン 1.5G(FF/4AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スズキ・キザシ(4WD/CVT)【試乗記】 2009.12.4 試乗記 スズキ・キザシ(4WD/CVT)
    ……302万9250円

    2009年の東京モーターショーで突如デビューした「スズキ・キザシ」。プレミアムセダン市場というジャンルに新規参入するスズキのチャレンジ作、その実力やいかに?
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る