第330回:厳しいと思ったけど、実は味方だらけ?
ダッジ・キャリバー&ナイトロ試乗

2007.08.06 エッセイ

第330回:厳しいと思ったけど、実は味方だらけ?ダッジ・キャリバー&ナイトロ試乗

サジ加減が難しい

つ、ついに乗ってまいりましたっ! 日本に上陸した伝説のアメリカンカーブランド、ダッジ!
古くは1960〜70年代の「チャージャー」や「チャレンジャー」みたいなマッスルカーを世に送り出し、最近はピックアップトラックコンセプトカー「M80」みたいな、いかにも強くてタフでイケてるアメリカンなクルマを作ってきた同ブランド。しかし、不思議というか、当然というか欧州も含めた海外進出は、ここ30年ほどしてこなかった。

あまりに濃いアメリカ度を誇ってきただけに、逆に輸出しようってならなかったみたいね。
いわば“クサヤの干物”や“イカの沖漬け”をヨーロッパに輸出しないようなもんか。もしくはこれまではアメリカ国内で売るだけで十分だったのかもしれないけど。

ところがどっこいクライスラーは先日ダイムラー・ベンツとの別離を決めただけでなく、以前からの日本車の台頭もあって売り上げが厳しくなり、なにがなんでもクルマを売らなきゃいけないって感じになってきた。
そこで伝家の宝刀!? というか門外不出のアメリカン土着ブランドの世界展開を決めたわけで、その第一弾として日本に輸入されたのが今回乗ったハッチバックの「キャリバー」とSUVの「ナイトロ」、今後出てくるミニバンの「アベンジャー」とスポーツカーの「チャージャー」ってわけなのであーる。

このうちのチャージャーを除く3車種は日本を始め、ヨーロッパなどでも売れるべくわざわざ作られた世界戦略車。具体的にはボディや排気量を小さくして、市場にあわせ、排気量を小さくしたモデルなわけで、キモはそのサジ加減ということになる。世界市場を考えすぎてアメリカ度を落とし過ぎるとつまらなくなるし、全然落とさないままだと使いづらいという、非常に難しいサジ加減だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』