【スペック】全長×全幅×全高=4580×1860×1785mm/ホイールベース=2765mm/車重=1890kg/駆動方式=パートタイム4WD/3.7リッターV6SOHC12バルブ(205ps/5200rpm、32.0kgm/4200rpm)/価格=361万2000円(テスト車=同じ)

ダッジ・ナイトロSXT(4WD/4AT)【試乗記】

押し出し一番 2007.08.06 試乗記 ダッジ・ナイトロSXT(4WD/4AT)
……361万2000円
ゴツいボディと、大きな十字を付けたグリルが印象的な「ダッジ・ナイトロ」。日本(再)上陸を果たしたアメリカンブランドの注目モデルである。3.7リッターV6+4ATのミドルSUVはどうなのか?

いかついミドル

ほとんど“アメリカ国内専用ブランド”と化していた「ダッジ」をグローバル展開すべきか否か? 決定打は、ヨーロッパでの事前調査で「ダッジのアメリカ車らしさ」に対する評価が高かったことだった……と、本国からきたマーケティング担当の方が教えてくれた。“北米とカナダ以外”という、いささかおおまかな守備範囲を与えられたシニアマネージャーが。
「特にイタリアでの評判のよさを重視したんです」
−−どうしてイタリアの?
「だって、彼ら/彼女たちはスタイリングを重視するでしょう?」
あまりに真正面な(!?)返答に面食らいながらも、「なるほど」と納得した。「ダッジ・ナイトロ」のプレス試乗会において。

いかにもアメリカンな面構えのダッジ・ナイトロ。派手なクロームメッキの十字マークを付けたでっかいグリルがすごい。4輪それぞれの、張り出したフェンダーがいかにもマッチョ。冷静に同車のポジショニングを述べれば、クライスラーグループ内“大衆”担当ブランド「ダッジ」のミドルサイズSUVということになる。
見た目の押し出しの強さゆえ、「この場合の“ミドル”とはアメリカンスタンダードの、か!?」と思いがちだが、意外やナイトロの実寸は控えめだ。全長×全幅×全高=4580×1860×1785mmだから、「ホンダCR-V」「マツダCX-7」あたりといい勝負になる。

プラットフォームには、2007年のニューヨークショーで披露された「ジープ・リバティ(邦名チェロキー)」のコンポーネンツが活用される。前ウィッシュボーン、後リジッドのサスペンションに、モノコックの5ドアボディを載せる。

本国には4リッターV6、欧州向けにはディーゼルターボも用意されるが、わが国に輸入されるのは、当面3.7リッターV6のみ。トランスミッションは4段ATが組み合わされる。

機関面は同じながら、装備、トリムの違いによって、ラインナップは以下の通り。いずれも右ハンドルだ。

・SE-329万7000円
・SXT-361万2000円
・R/T-420万円

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ナイトロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「ダッジ」4車種日本上陸 2007.4.12 画像・写真 「ダッジ」上陸!6月に導入される「チャージャーSRT8」「アベンジャー」「キャリバー」「ナイトロ」4車種を写真で紹介。
  • ダッジ・ナイトロSXT(4WD/4AT)【試乗記】 2007.8.6 試乗記 ダッジ・ナイトロSXT(4WD/4AT)
    ……361万2000円

    ゴツいボディと、大きな十字を付けたグリルが印象的な「ダッジ・ナイトロ」。日本(再)上陸を果たしたアメリカンブランドの注目モデルである。3.7リッターV6+4ATのミドルSUVはどうなのか?
  • 【上海ショー2017】ポルシェ、5台のニューモデルを出展 2017.4.21 自動車ニュース 独ポルシェは、上海モーターショー(会期:2017年4月19日~28日)に、ワゴンボディーを持つ「パナメーラ スポーツツーリスモ」や、ロングボディーのショーファードリブン仕様「パナメーラ エグゼクティブ」など5台のニューモデルを出展した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――ランドローバー・レンジローバーSVオートバイオグラフィー(前編) 2017.4.20 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「レンジローバーSVオートバイオグラフィー」に試乗する。最もぜいたくでパワフルなレンジローバーを、谷口はどう表現するのだろうか。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
ホームへ戻る