第2回:フィアット500とレクサスの不思議なご縁(大矢アキオ)

2007.08.04 エッセイ

第2回:フィアット500とレクサスの不思議なご縁

みんな、楽しんだかーい

先週お伝えしたように、トリノ・ポー川の堤防を“占拠”して行われた「フィアット新型500」の発表会は、スーパー歌舞伎もビックリの派手な演出だった。
その翌日7月5日に行なわれた記者会見も、これまたユニークなものだった。
会場からして、昨年トリノ五輪でアイスホッケー会場となった競技場である。建築家・磯崎新がプロジェクトに関与したことから、トリネーゼの間は「パライソザキ」と呼ばれている名物施設だ。

午前9時30分、往年のFIATロゴをあしらったスウェットを着た男が、壇上に現れた。
そしていきなり、「昨日の夜(のスペクタクル)は、みんな楽しんだかーい!」と第一声を発した。会場のジャーナリストたちからは拍手が沸き起こった。
渋いスーツを来た社長が「渡○でございます」などと、自分の名字から切り出す和式記者会見と最初からノリが違う。
そして男は、「昨晩、(スペクタクル)で天に浮かんだ新型500を、ひとりの男の子がぽかんと口を開けて眺めている姿に、ジーンときました」と、空中を見上げながら感想を述べた。
さらに男は「今からボクに、みなさんのケータイから新型500に捧げるメッセージを送ってください」と告げ、番号を示した。
ジャーナリストたちは、一斉にピコピコと送信を始める。ボクも「成功するといいネ」と打って送ってみた。まもなく、携帯の画面には「500 THANKS」というメッセージが返信されてきた。
やがて、実際に新型フィアット500が壇上に登場すると、男はAピラーにキスをした。

ふたたび日伊比較になって恐縮だが、日本の記者発表では、社長に続き、大抵の場合は開発担当責任者が登場する。そして下請けPR会社の指示どおりと思われる、慣れない身振りで車両を解説する。日頃地道に開発センターで制服を着て仕事をしている人が、いきなりクールビズな格好をさせられ、3列目シートの倒し方を披露しても、ぎこちないに決まっている。
そのたび観ているボクのほうが、「そんなに、オジサンをいじめないで」と声を上げてしまいたくなる。

もちろん、イタリアの場合も、すべては練習済みの演出であるのだが、男は原稿を一度も読むことなく、さりげなくこなしていった。
かくして、その男の立ち居振る舞いは、フィアットが新しい時代を迎えたことを印象づけるのに充分なものだった。

ルカ・デメオと「フィアット500」。
第2回:フィアット500とレクサスの不思議なご縁
まるで熱唱しているかのようなワンシーン。このあとウッディ・アレンの詩を読み上げた。
第2回:フィアット500とレクサスの不思議なご縁

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。