RRのターボが目玉!ポルシェの2008年モデル、受注スタート

2007.08.03 自動車ニュース

RRのターボが目玉! ポルシェの2008年モデル、受注スタート

ポルシェ・ジャパンは、2008年モデルのポルシェ各車の受注を、2007年8月1日に開始した。
該当車種は、「911」シリーズが「GT2」「GT3 RS」「GT3」「ターボカブリオレ」「ターボ」「タルガ4S」「タルガ4」「カレラ4Sカブリオレ」「カレラ4S」「カレラ4カブリオレ」「カレラ4」「カレラSカブリオレ」「カレラS」「カレラ・カブリオレ」そしてベーシックな「カレラ」。
SUVの「カイエン」シリーズはマイナーチェンジを果たし、さらに、ミドシップモデル「ボクスター」と「ケイマン」の各シリーズがラインナップする。

■「911」の新顔は、超ド級モデル

911シリーズは、じつに15車種をラインナップ。2008年は、なかでもハイパフォーマンスな2台の新顔が目玉だ。

「911GT2」は、市販の911史上最もパワフルなモデル。ターボで武装した3.6リッターフラット6は、530ps/6500rpm、69.4kgm/2200-4500rpmを発生し、1440kgのボディを329km/hまで加速させる。
駆動方式は911伝統のリアエンジン・リアドライブ。足まわりに「PCCB(ポルシェ・カーボン・コンポジットブレーキ)」と、「PASM(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメント)」が標準装備される。
選べるのは6段MTの左ハンドルのみで、お値段は2607万円となる。

さらに、四駆のオープンモデル「911ターボカブリオレ」も導入される。
こちらは480psと63.2kgmを発生。ソフトトップでありながら、0-100km/h加速は3.8秒、最高速度は310km/hを記録する。走行安定性を高めるPSMやトラクションコントロールPTMなどを標準装備。PASMは、カブリオレ専用にチューニングされる。
日本仕様は5段ATティプトロニックSのみ。ハンドル位置は左右選ぶことができ、価格は2093万円だ。

そのほか911の価格は、1115万円(911カレラ/6MT)から1921万円(911ターボ/5AT)までとなっている。

■「カイエン」、軒並みパワーアップ

SUVのカイエンは、2006年にマイナーチェンジ。排気量アップや直噴化により、ベーシックな「カイエン」(650万円)で290ps、「カイエンS」(885万円)で385ps、カイエンターボ(1398万円/ATのみ)では500psと、それぞれ40〜50psパワーアップした。
一方で、ダイレクト・フューエル・インジェクションの採用により、各モデルとも燃費が向上したとされる。
オプションとして新たに「ポルシェ・ダイナミック・シャシー・コントロールシステム(PDCC)ロールスタビライザーシステム」を設定。あらゆる走行状況においてボディのロールを抑え、安定した姿勢を保つという。

ミドシップモデルは、昨年同様、「ボクスターS」(709万円)「ボクスター」(582万円)、さらに、そのクーペバージョンたる「ケイマンS」(786万円)と「ケイマン」(633万円)のラインナップだ。
(※カッコ内の価格はすべてMTモデル。ATはそれぞれ42万円高)

ポルシェ・ジャパンでは、2008年モデルの目標登録台数を昨年と同じ、3800台に設定している。

(webCG 関)

2008年モデルからラインナップに加わる「ポルシェ911GT2」。ハイパフォーマンスを謳う一方、スーパースポーツにして8km/リッターという低燃費もアピールする。
2008年モデルからラインナップに加わる「ポルシェ911GT2」。ハイパフォーマンスを謳う一方、スーパースポーツにして8km/リッターという低燃費もアピールする。

RRのターボが目玉!ポルシェの2008年モデル、受注スタートの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。