【スペック】全長×全幅×全高=4450×1852×1300mm/ホイールベース=2350mm/車重=1655kg/駆動方式=4WD/3.6リッター水平対向6DOHC24バルブターボ・インタークーラー付き(480ps/6000rpm、63.2kgm/1950-5000rpm)(欧州仕様)

ポルシェ911ターボカブリオレ(4WD/5AT)【海外試乗記】

300km/hでのオープンエア・モータリング 2007.08.02 試乗記 ポルシェ911ターボカブリオレ(4WD/5AT)

ベースとなるカレラをデビューさせて約3年。着々とバリエーションを増やす911ファミリーに、「ワイド&オープンボディ+4WD」の最新997が加わった。河村康彦が報告する。

カブリオレの本気度

すべてのバリエーションの根源となる“カレラ”を2004年にリリース以来、「オープンボディに4WD仕様」「2基のターボ付きエンジン」「“サーキット生まれの心臓”を搭載したモデル」などを次々と市場に投入。予想通りのバリエーション拡充が進められてきた現行997型「ポルシェ911」。
その”完結編”としての究極の最速モデル「GT2」のリリースに先駆けて、「911ターボカブリオレ」がマーケットに放たれた。クーペ版「ターボ」に採用されたメカニカル・コンポーネンツを、現行「カレラ4」「カレラ4Sカブリオレ」用ベースのワイド・ボディにドッキング……それが、最新「911ターボカブリオレ」の基本アウトラインだ。

一見、911ターボのルーフ部分を取り払い、ポルシェのオープンモデルづくりの流儀に従って“軽量”“低重心”が売り物であるソフトトップを架装した(だけである)ようにも思えるターボカブリオレ。しかし、このモデルを送り出す技術者がいつも同様に“本気”であるのは、販売台数などは恐らくタカが知れているターボカブリオレのために、わざわざ専用の空力設計を施したことからも明らかだ。

 
ポルシェ911ターボカブリオレ(4WD/5AT)【海外試乗記】の画像
 
ポルシェ911ターボカブリオレ(4WD/5AT)【海外試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911カブリオレの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る