「トヨタ・ブレイド」に3.5リッターV6エンジンモデルを追加

2007.08.01 自動車ニュース
「ブレイド・マスターG」
「トヨタ・ブレイド」に3.5リッターV6エンジンモデルを追加

「トヨタ・ブレイド」に3.5リッターV6エンジンモデルを追加

トヨタ自動車は2007年8月1日、コンパクトカーの「ブレイド」に3.5リッターV6エンジンを搭載した「ブレイドマスター」を発表した。

「ブレイド・マスター」
「トヨタ・ブレイド」に3.5リッターV6エンジンモデルを追加

「大人の高級ハッチ」を謳うコンパクトカー「ブレイド」は、従来2.4リッター直4モデルのみのラインナップであったが、これに3.5リッターモデルが加えられた。

搭載されるV6ユニットは、「エスティマ」などにも用いられる2GR-FE型。最高出力280ps/6200rpmと、最大トルク35.1kgm/4700rpmを発生する。
組み合わされるトランスミッションは6段オートマチックで、ステアリング裏のパドルでも変速操作が可能。

重量増やパワーアップに対応し、サスペンションは専用にチューニングされる。17インチ大径タイヤの奥には、ストッピングパワー確保のための16インチディスクブレーキが収まる

外観では、メッシュフロントグリルやリアエンブレムが「マスター」の証。インテリアにも専用本革巻シフトノブやメッキ加飾のシフトゲートパネルなどが奢られる。

価格は「マスター」が277.2万円。本革シート、レーダークルーズコントロールなどを標準装備した上級グレード「マスターG」は323.4万円。どちらもFFモデルのみが用意される。
なお、4気筒のブレイドは、224.7万円から277.2万円である。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
ブレイドトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
ホームへ戻る