「MINI」のロングボディ版「MINIクーパー・クラブマン」が登場

2007.07.31 自動車ニュース

「MINI」のロングボディ版「MINIクーパー・クラブマン」が登場

独BMWは、プレミアムコンパクト「MINI」ブランドに、ルーフラインを延長した新モデル「MINIクーパー・クラブマン」を追加。2007年11月10日に発売する。

新しいコンセプト

「MINIクーパー・クラブマン」は元来の「MINI」に、シューティング・ブレイクのテイストを加え、新モデルとしたもの。シューティング・ブレイクとは、英国で狩猟などに使われた高級ステーションワゴンのこと。

クラブマンモデルは、ノーマルの「MINI」と較べ全長は約24cm、ホイールベースは約8cm延び全長×全幅×全高は3958×1683×1432mm(独カタログ値)。これにより後席足元のスペースが拡大。分割可倒式の後席バックレストを持ち、ラゲッジスペースも増えた。さらに従来の2ドアモデルの他、ボディ右側にクラブドアと呼ばれる観音開き式のドア(分割式ドア)を装備したモデルも選択できる。また、モーリス・ミニ・トラベラーやオースチン・ミニ・カントリーマンを彷彿させる観音開きのドアをリアに装備した。


エンジンはガソリン2種、ディーゼル1種

心臓部はガソリンとディーゼルの計3種類がラインナップ。

「MINIクーパー・クラブマン」にはBMWの可変バルブ制御機構「バルブトロニック」を備えた1.6リッター直4エンジンが搭載され、120ps/6000rpm、16.3kgm/4250を発生。0-100km/h加速は9.8秒、最高速度は201km/hとなる。

また「MINIクーパーS・クラブマン」はツインスクロールターボと燃料直接噴射装置をもつ1.6リッター直4エンジンが搭載され、175ps/5500rpm、24.5kgm/1600-5000rpmを発生。0-100km/h加速は7.6秒、最高速度は224km/hとなる。

なお、現在日本に導入されていないコモンレール式ターボディーゼルエンジンが搭載される「MINIクーパーD・クラブマン」は110ps/4000rpm、24.5kgm/1750-2000rpmを発生する。

安全性にも配慮

従来の「MINI」にも搭載されていたアンチロック・ブレーキ・システム(ABS)、エレクトロニック・ブレーキフォース・ディストリビューション(EBD)、コーナリング・ブレーキ・コントロール(CBC)、ブレーキ・アシスタント、坂道発進アシスタント機能付きダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)を標準装備とするほか、シャシはクラブマン専用にチューニングされ、オプション装備としてリミテッド・スリップ・デファレンシャル(LSD)が用意される。

(webCG 玉城)

 
「MINI」のロングボディ版「MINIクーパー・クラブマン」が登場の画像
通常の「MINI」のラゲッジスペース容量160〜680リッターに対しクラブマンは260〜930リッターの容量を確保した
通常の「MINI」のラゲッジスペース容量160〜680リッターに対しクラブマンは260〜930リッターの容量を確保した
 
「MINI」のロングボディ版「MINIクーパー・クラブマン」が登場の画像
観音開き式のドアが特徴的
観音開き式のドアが特徴的
最上級モデルの「MINIクーパーS・クラブマン」は左右二本出しマフラーを装備
最上級モデルの「MINIクーパーS・クラブマン」は左右二本出しマフラーを装備

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクラブマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーSD クラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.25 試乗記 ユニークな6枚ドアを持つ「MINIクラブマン」、そのクリーンディーゼル搭載モデルに試乗。中でもパワフルな「クーパーSD クラブマン」は、MINIの生みの親であるアレック・イシゴニスも驚くであろう、相反する魅力を持ち合わせていた。
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • MINIクーパー クラブマン(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.26 試乗記 シリーズでもっとも大きなボディーを持つにいたった新型「MINIクラブマン」。「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に匹敵する立派なボディーがもたらす走りとは? 1.5リッター直3エンジンを搭載する「クーパー」に試乗した。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
ホームへ戻る