「トヨタ・イスト」、フルモデルチェンジで3ナンバーに

2007.07.30 自動車ニュース
「トヨタ・イスト」
「トヨタ・イスト」、フルモデルチェンジで3ナンバー化

「トヨタ・イスト」、フルモデルチェンジで3ナンバーに

トヨタ自動車は、ハッチバックモデル「ist(イスト)」をフルモデルチェンジ。2007年7月30日に発売した。

「トヨタ・イスト」、フルモデルチェンジで3ナンバー化

■ボディもエンジンも大型化

2002年5月にコンパクトカー「ヴィッツ」の派生モデルとしてデビューした「ist(イスト)」が、5年目のフルモデルチェンジで2代目になった。
SUVテイストを加え、クロスオーバーシルエットを得たという新型は、ひとまわり大型化し3ナンバー枠に突入。もはや、ヴィッツとの違いは誰の目にも明らかである。

エンジンも従来の1.3リッター&1.5リッターから、1.5リッター&1.8リッターのラインナップへと一段階アップ。トランスミッションは、前者にはCVTが、後者には4段ATが組み合わされる。1.5リッターモデルのみ、FFモデルに加えて4WDモデルも選ぶことができる。

価格は、ベーシックグレードの「150X」が165万9000円で、アルミホイールやフォグランプを備える上級グレードの「150G」が178万5000円。4WDモデルは、それぞれ21.0万円のアップとなる。
1.8リッターモデル「180G」は、FFのみのラインナップで189.0万円だ。

月の目標販売台数は2000台。先進性や個性を重視する団塊ジュニア世代にアピールするという。

インパネのセンタークラスターには、黒のメタリック塗装が施される。
インパネのセンタークラスターには、黒のメタリック塗装が施される。
1.5リッター「150G」のインテリア(ダークグレー)。
1.5リッター「150G」のインテリア(ダークグレー)。

■SUVテイストを添加

デザインのコンセプトは「タフ&アクティブ」。コンパクトなハッチバックボディをSUVらしく仕立て、ショート&ワイドな踏ん張り感のあるデザインとした。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=3930×1725×1525(4WDは1540)mmで、ホイールベース=2460mm。先代と較べて幅は30mm広くなり、いわゆる3ナンバー枠に。全長は85mm、ホイールベースは90mm長くなった。
なお、現行型「ヴィッツ」と比べた場合、80mm長く、30mm幅広く、5mm高い。

インテリアは、インストゥルメントパネルから浮き上がったセンタークラスターが特徴。「岩に沿って滑らかに流れ落ちる滝」をイメージしたという。先代でそこに置かれたセンターメーターは、コンベンショナルにステアリング奥に移動した。
メーターそのものの意匠は、スピードとタコの指針を同心円(コンセントリック)に配したオプティトロンメーターで、「先進的でスポーティなデザイン」(リリース)と主張される。
車速に応じて操舵アシストを行う電動パワステが標準。チルト&テレスコピック機能も備わる。

また、前後席間距離を880mm(先代比+30mm)とし、フラットフロア(FFモデル)化により後席の足もとスペース拡大。さらに、リアシートにスライド&リクライニング機構が標準で備えるなど、居住性が高められたのもアピールポイントだ。

1.8リッターエンジン「2ZR-FE Dual VVT-i」。
1.8リッターエンジン「2ZR-FE Dual VVT-i」。
標準装備のサイド&カーテンエアバッグで側面衝突に備える。
標準装備のサイド&カーテンエアバッグで側面衝突に備える。

「トヨタ・イスト」、フルモデルチェンジで3ナンバーにの画像

■サイド&カーテンエアバッグが標準

エンジンは、1.5リッター(109ps/6000rpm、14.1kgm/4400rpm)と1.8リッター(132ps/6000rpm、17.5kgm/4400rpm)の、2種類をラインナップ。前者にはCVTが、後者には4ATが組み合わされる。

燃費は、1.5リッターFFモデルが18km/リッター(10・15モード)で、「平成22年度燃費基準+10%」を達成。全車「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」の認定を取得している。

サスペンションは、フロントがマクファーソン・ストラット、リアはトーションビーム式で、先代よりもひとまわり大きな16インチホイールが組み合わされる。

安全性も新型のセールスポイントだ。2トンクラスの大型車を想定した55km/hでの全方位衝突試験をクリアし、同排気量クラストップレベルの衝突安全性を主張する。
運転席&助手席のエアバッグはもちろん、SRSサイドエアバッグとSRSカーテンシールドエアバッグは、全車標準。さらに、追突時に乗員のむち打ち症を軽減する「アクティブヘッドレスト」もフロントの2座に標準で備わる。

(webCG 関)

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • トヨタ・オーリス ハイブリッド“Gパッケージ”(FF/CVT)【レビュー】 2016.5.11 試乗記 日本市場ではこれがないと始まらない? トヨタのCセグメントハッチバック車「オーリス」にハイブリッドモデルが登場。JC08モード計測で30.4km/リッターという燃費を実現する、新たな最上級グレードの出来栄えを報告する。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 「フィアット500」にナビ付きの限定モデルが登場 2017.4.28 自動車ニュース フィアットのコンパクトカー「500」に、特別仕様車「ナビゲーションパッケージ」が登場。2DINのカーナビゲーションシステムとフィアット500のイラスト入りナノイー発生機が装備されており、5月13日より150台限定で販売される。
ホームへ戻る