マツダ、「スクラムワゴン」と「スクラムバン」を一部改良

2007.07.30 自動車ニュース

マツダ、「スクラムワゴン」と「スクラムバン」を一部改良

マツダは、軽乗用車「スクラムワゴン」と軽商用車「スクラムバン」の仕様を一部変更、2007年7月30日から販売する(「スクラムワゴン」「スクラムバン」は、いずれも「スズキ・エブリイワゴン」「エブリイ」のOEMモデルである)。

「スクラムワゴン」はシート地と一部仕様の外観を変更

今回の変更で、全車シート地を変更。各グレードのテイストに合わせ、ブラウン系とベージュ系、2タイプのシート地が採用された。加えて、フロントシート座面の縁部分に厚みをもたせることで、座り心地を改善したという。

上級グレード「PZターボ」では、フロントメッキグリルのデザインが変更されたほか、ヘッドランプがディスチャージ仕様となり、オプションのスペシャルパッケージに採用される14インチアルミホイールのデザインが変更となった。

ボディカラーは、人気が高いという紫系の「ミステリアスバイオレットパール」を新たに追加した全4色。

価格は、124万4250円から171万1500円まで。

「スクラムバン」は一部でシート地が「ワゴン」と同等に

こちらも「スクラムワゴン」と同様、フロントシートの形状が変更された。また、一部グレードでシート地が、ビニールレザーからファブリックへと変更され、上級グレード「バスター」にはワゴンと同仕様のブラウン地ファブリックが採用された。

ボディカラーは、「バスター」専用色となる濃紺系の「ブルーイッシュブラックパール3」が追加され、全3色から選択可能となった。

価格は、87万9900円から116万5500円となる。

(webCG 依田)

スクラムワゴン「PZターボ」(スペシャルパッケージ付車)
スクラムワゴン「PZターボ」(スペシャルパッケージ付車)
 
マツダ、「スクラムワゴン」と「スクラムバン」を一部改良の画像
スクラムバン「バスター」
スクラムバン「バスター」
 
マツダ、「スクラムワゴン」と「スクラムバン」を一部改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダ、軽商用車のスクラムバンを一部改良 2015.12.18 自動車ニュース マツダが軽商用車の「スクラムバン」を一部改良。「PA」の「オートギアシフト(AGS)」搭載車にABSとヒルホールドコントロールを標準装備したほか、新グレードとして「PAスペシャル」と「PCスペシャル」を設定した。価格は92万3400円~131万40円。
  • マツダが「スクラムトラック」をモデルチェンジ 2013.9.13 自動車ニュース マツダが軽トラックの「スクラムトラック」をモデルチェンジ。販売を開始する。
  • スズキ、「エブリイ」の特別仕様車に4段AT搭載車を追加設定 2016.11.11 自動車ニュース スズキは2016年11月11日、軽商用車「エブリイ」の特別仕様車「PAリミテッド/PCリミテッド」に4AT搭載車を追加設定し、販売を開始した。これまでは5MTと、5段MTの変速を自動化した5AGSのみが設定されていた。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
ホームへ戻る