マツダ、「スクラムワゴン」と「スクラムバン」を一部改良

2007.07.30 自動車ニュース

マツダ、「スクラムワゴン」と「スクラムバン」を一部改良

マツダは、軽乗用車「スクラムワゴン」と軽商用車「スクラムバン」の仕様を一部変更、2007年7月30日から販売する(「スクラムワゴン」「スクラムバン」は、いずれも「スズキ・エブリイワゴン」「エブリイ」のOEMモデルである)。

「スクラムワゴン」はシート地と一部仕様の外観を変更

今回の変更で、全車シート地を変更。各グレードのテイストに合わせ、ブラウン系とベージュ系、2タイプのシート地が採用された。加えて、フロントシート座面の縁部分に厚みをもたせることで、座り心地を改善したという。

上級グレード「PZターボ」では、フロントメッキグリルのデザインが変更されたほか、ヘッドランプがディスチャージ仕様となり、オプションのスペシャルパッケージに採用される14インチアルミホイールのデザインが変更となった。

ボディカラーは、人気が高いという紫系の「ミステリアスバイオレットパール」を新たに追加した全4色。

価格は、124万4250円から171万1500円まで。

「スクラムバン」は一部でシート地が「ワゴン」と同等に

こちらも「スクラムワゴン」と同様、フロントシートの形状が変更された。また、一部グレードでシート地が、ビニールレザーからファブリックへと変更され、上級グレード「バスター」にはワゴンと同仕様のブラウン地ファブリックが採用された。

ボディカラーは、「バスター」専用色となる濃紺系の「ブルーイッシュブラックパール3」が追加され、全3色から選択可能となった。

価格は、87万9900円から116万5500円となる。

(webCG 依田)

スクラムワゴン「PZターボ」(スペシャルパッケージ付車)
スクラムワゴン「PZターボ」(スペシャルパッケージ付車)
 
マツダ、「スクラムワゴン」と「スクラムバン」を一部改良の画像
スクラムバン「バスター」
スクラムバン「バスター」
 
マツダ、「スクラムワゴン」と「スクラムバン」を一部改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダ、軽商用車のスクラムバンを一部改良 2015.12.18 自動車ニュース マツダが軽商用車の「スクラムバン」を一部改良。「PA」の「オートギアシフト(AGS)」搭載車にABSとヒルホールドコントロールを標準装備したほか、新グレードとして「PAスペシャル」と「PCスペシャル」を設定した。価格は92万3400円~131万40円。
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • マツダの新型スクラムバン、スクラムワゴン発売 2015.3.10 自動車ニュース マツダの軽ワンボックスが新型に。クラストップレベルの広さと燃費を実現。
  • マツダ、「スクラムワゴン」と「スクラムバン」を一部改良 2007.7.30 自動車ニュース マツダは、軽乗用車「スクラムワゴン」と軽商用車「スクラムバン」の仕様を一部変更、2007年7月30日から販売する(「スクラムワゴン」「スクラムバン」は、いずれも「スズキ・エブリイワゴン」「エブリイ」のOEMモデルである)。
ホームへ戻る