全長×全幅×全高=4030×1750×1470mm/ホイールベース=2540mm/車重=1260kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4ターボインタークーラー付き(175ps/6000rpm、24.5kgm/1600-4500rpm)/価格=320.0万円(テスト車=同じ)

プジョー207GTi(FF/5MT)【試乗記】

とりあえず乗せちまえ! 2007.07.29 試乗記 プジョー207GTi(FF/5MT)
……320.0万円

プジョーのボリュームゾーン「207」。そのホットモデル「GTi」の日本での販売が始まった。3ドア、1.6リッター+5MTで320万円。雨と霧の試乗会場から報告します。

先進のターボエンジン

プジョージャポンにとって、昨今のユーロ高はまことに恨めしいものだろう。「プジョー206」のスマッシュヒットの後、ニューモデル日照り(?)を経て、ようやっと後継車種を導入できるとなったら、この円安。
輸入元の苦労を知らぬお客さまに、「1.6リッターの3ドアハッチに320万円!?」と言われると、正直ツラいものがあろう。
「プジョー207GTi」のことである。

GTiは、175psのピークパワーを得た1.6リッターターボを搭載した207シリーズのトップエンド。本国のプジョーが、モータースポーツの舞台をWRC(世界ラリー選手権)からルマン24時間レースに移したのを受け、ホットモデルのグレード名が、ラリーを連想させるRCから、より一般的なGTを含むGTiに変更された。ちなみに「i」は、かつてはインジェクションの意味だった……。

基本的に同じエンジンを積む207GTより25psアップの最高出力175ps/6000rpmは、ターボのブーストを一時的に1.8から2.0bar(絶対圧)にアップすることで獲得。24.5kgmの最大トルクはGTと変わらないが、発生回転数がじゃっかん高い1600〜4500rpmとなった。
ツインカム16バルブターボは、BMWとの共同開発になるもので、ご承知のようにMINIでも使われる4気筒エンジン。吸気バルブの連続可変バルブタイミング&リフト機構を備える。
シリンダーに直接燃料を吹く直噴ユニットのため、過給機付きにもかかわらず、10.5:1という高い圧縮比を可能とした。ダイレクトインジェクション技術による熱効率の改善と、ターボエンジンが得意とする低回転域でのトルクの太さを活かして「結果的に燃費をよくしよう」という最近のトレンドにのったパワーユニットである。

高い出力を誇るGTiだが、実際にオーバーブーストがかかるのは下記の4つの条件が重なった場合に限るので、カタログ上の10・15モード燃費の数値は、GTの「12.6km/リッター」と変わらない。「NA+4AT」モデルの「11.6」を上まわる数字である。

オーバーブーストの条件は以下の通り。
・エンジンが温まっている(90度以上)
・ギアが3/4/5速のいずれかに入っている
・フルスロットル
・エンジン回転数が1600-4500rpm

組み合わされるトランスミッションは、GT同様、5段MTのみとなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

207の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る