【スペック】全長×全幅×全高=3755×1690×1510mm/ホイールベース=2390mm/車重=1000kg/駆動方式=FF/1.2リッター直4DOHC16バルブ(90ps/6000rpm、12.0kgm/4000rpm)/価格=119万7000円(テスト車=同じ)

スズキ・スイフト1.2XG(FF/CVT)【ブリーフテスト】

スズキ・スイフト1.2XG(FF/CVT) 2007.07.28 試乗記 ……119万7000円
総合評価……★★★★
スズキの世界戦略モデル「スイフト」のマイナーチェンジで追加された、新1.2リッターエンジン+CVTモデルに試乗。文句ない変更と思われたが、リポーターには残念なことがあるという。

スズキ・スイフト(FF/CVT)【ブリーフテスト】

一歩前へ

ヨーロッパのコンパクトカーに負けない走行性能の高さで好感を抱かせた「スズキ・スイフト」は、マイナーチェンジもまた好感の持てる内容だった。
ボディはバンパーのデザイン変更で全長が少し長くなったぐらい。インパネまわりは表面の仕上げを上質にしたのが目立つ点で、どちらも依然としてシンプル&クリーン。きらびやかに見せようなんて、これっぽっちも考えてないところがすがすがしい。

そしてメカニズムは、売れ筋の「1.3リッター+4段AT」に代えて、新開発の「1.2リッター+CVT」を投入してきた。車両重量は少し軽くなり、1トンちょうど。ダウンサイジングである。カタログ燃費は当然よくなり、重量税も安くなった。加速が鈍った感触はなく、車体の軽さは走りの楽しさをさらにアップさせていた。
文句なしのマイナーチェンジ、といいたいところだが、コンパクトカー暮らしが長かった自分にとってはひとつだけ、残念な変更があった。それは、荷室。ここが旧型のままだったらほぼ満点なのに。世の中、なかなか自分の思いどおりにはコトが進まないことを思い知らされた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スイフトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
ホームへ戻る