フェラーリ「F430」の過激版「430スクーデリア」は9月にデビュー

2007.07.27 自動車ニュース

フェラーリ「F430」の過激版「430スクーデリア」は9月にデビュー

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドは、「フェラーリF430」ベースのスペシャルモデル「フェラーリ430スクーデリア」を、2007年9月のフランクフルトモーターショーで公開すると発表した。お披露目は、“皇帝”ミハエル・シューマッハによって行われる予定という。

「フェラーリ430スクーデリア」の車重は、F430から約100kg軽量化された1250kg(乾燥重量)。一方で、搭載される4.3リッターV8エンジンは、ベース比27psアップの510ps/8500rpmを発生し、パワー・トゥ・ウェイトレシオは実に2.45kg/psとされる。

また新技術として、ギアボックスに最新のF1ソフトウェア「スーパーファースト」を搭載し、シフトチェンジに要する時間を短縮。加えて、「エレクトリック・ディファレンシャル(E-Diff)」と、「F1 Trac」と呼ばれるトラクション・スタビリティコントロールが統合制御され、サーキット走行から普段のドライブまで、様々なシーンでより高いパフォーマンスを発揮することが可能になったという。

今回、日本への導入予定および価格は伝えられていない。ちなみに、一世代前のV8フェラーリ「360モデナ」のモディファイモデル「チャレンジ・ストラダーレ」はベースから245万円アップの2130.0万円で販売された。

(webCG 依田)

 
フェラーリ「F430」の過激版「430スクーデリア」は9月にデビューの画像
 
フェラーリ「F430」の過激版「430スクーデリア」は9月にデビューの画像
 
フェラーリ「F430」の過激版「430スクーデリア」は9月にデビューの画像

関連キーワード:
430スクーデリアフェラーリ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
  • 第62回:謎の快音マフラーふたたび(その1) 2017.10.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第62回は「謎の快音マフラーふたたび(その1)」。暑い夏を前に、いったん休んでいたフェラーリ話が復活! 筆者が“赤い玉号”に用意した、新たな戦闘力とは? マフラー作りに賭けるあの工房を訪ねる。  
  • メルセデス・ベンツS560 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.9 試乗記 「メルセデス・ベンツSクラス」が、マイナーチェンジで最新型へとアップデート。当代随一のラグジュアリーサルーンは、新たな先進装備を得てどこまで進化したのか? フラッグシップモデルに対するゆえの厳しい目をもってテストした。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記