フェラーリ「F430」の過激版「430スクーデリア」は9月にデビュー

2007.07.27 自動車ニュース

フェラーリ「F430」の過激版「430スクーデリア」は9月にデビュー

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドは、「フェラーリF430」ベースのスペシャルモデル「フェラーリ430スクーデリア」を、2007年9月のフランクフルトモーターショーで公開すると発表した。お披露目は、“皇帝”ミハエル・シューマッハによって行われる予定という。

「フェラーリ430スクーデリア」の車重は、F430から約100kg軽量化された1250kg(乾燥重量)。一方で、搭載される4.3リッターV8エンジンは、ベース比27psアップの510ps/8500rpmを発生し、パワー・トゥ・ウェイトレシオは実に2.45kg/psとされる。

また新技術として、ギアボックスに最新のF1ソフトウェア「スーパーファースト」を搭載し、シフトチェンジに要する時間を短縮。加えて、「エレクトリック・ディファレンシャル(E-Diff)」と、「F1 Trac」と呼ばれるトラクション・スタビリティコントロールが統合制御され、サーキット走行から普段のドライブまで、様々なシーンでより高いパフォーマンスを発揮することが可能になったという。

今回、日本への導入予定および価格は伝えられていない。ちなみに、一世代前のV8フェラーリ「360モデナ」のモディファイモデル「チャレンジ・ストラダーレ」はベースから245万円アップの2130.0万円で販売された。

(webCG 依田)

 
フェラーリ「F430」の過激版「430スクーデリア」は9月にデビューの画像
 
フェラーリ「F430」の過激版「430スクーデリア」は9月にデビューの画像
 
フェラーリ「F430」の過激版「430スクーデリア」は9月にデビューの画像

関連キーワード:
430スクーデリアフェラーリ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.5.9 試乗記 ジュネーブモーターショーでお披露目されたフェラーリのスペシャルモデル「488ピスタ」に公道とサーキットで試乗。モータースポーツで得た技術を注ぎ込んで徹底的な軽量化とパワーアップを果たした最新モデルは、圧倒的なスピードと走りの快感をあわせ持っていた。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【試乗記】 2018.3.12 試乗記 V8ターボエンジンを搭載するフェラーリの4シーター「GTC4ルッソT」に試乗。その走りにはどんな特徴があるのか。12気筒エンジンやMRの駆動方式を採用する、ほか多くの“跳ね馬”に接してきた清水草一がリポートする。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
  • ロールス・ロイス・ファントム エクステンデッドホイールベース(FR/8AT)【試乗記】 2018.4.30 試乗記 押しも押されもしない英国の名門、ロールス・ロイス。そのラインナップの頂点に君臨するのが、1925年からの伝統を受け継ぐハイエンドモデル「ファントム」である。8代目となる最新型の試乗を通し、このクルマだけが持ち合わせる無二の世界観に触れた。
ホームへ戻る