第1回:新型「フィアット500」本場イタリア人の意外な受け止め方(大矢アキオ)

2007.07.27 エッセイ

第1回:新型「フィアット500」本場イタリア人の意外な受け止め方

フィアット新型500。正式発表されたサイズは、3546×1627×1488mmとなる(本国値)。
第1回 オヤジ、任せとけヨ! ジウジアーロの世代交代
夜のポー川に浮いて走る元祖500。
第1回 オヤジ、任せとけヨ! ジウジアーロの世代交代

民放テレビで特別番組

2007年7月4日夜、トリノで催された新型「フィアット500(チンクエチェント)」の発表イベントは、度肝を抜くスケールだった。

新型「フィアット500」の概要については、以前報告した「新型「フィアット500」ついにヴェールを脱ぐ!」をご覧いただくことにして、さっそく発表イベントの報告といこう。

一般的な新車発表会といえば、「有力ディーラーの内覧会」→「ジャーナリスト向けの発表会」→「地元のディーラーで一般向けの発表会」といった順番を踏むのが通例である。

しかし今回フィアットは、市内を流れるポー川の堤防を1kmにわたり封鎖し−−この企業だからできることであろう−−ディーラー関係者3750人、記者1000人、工場従業員、など合計63カ国から7000人を一堂に招いて、大スペクタクルを披露したのである。

一般市民も、周辺やプロジェクターが設置されたサテライト会場で見物できるようになっていた。
それだけではない。イタリアの民放テレビ「カナーレ5」の特別番組やインターネットのストリーミング放送でも同時生中継される、という念入りなものだった。

人々は“特等席”である橋の欄干に夕方から陣とりをし、その人出をあてこんだパニーニ屋台が並んだ。タクシーのドライバーは、「オレ、もうチラっと見ちゃったもんね」と、2日にわたるリハーサルの模様を嬉しそうに話した。

おっと! 向こうからもやってきて、水上は大混乱。
第1回 オヤジ、任せとけヨ! ジウジアーロの世代交代
なんちゃってビートルズと娘たち登場。
第1回 オヤジ、任せとけヨ! ジウジアーロの世代交代

マリリンにビートルズに……

実際のイベントは、夜10時半過ぎに始まった。まずは特殊装置が施された何台もの先代500が、ポー川の水面を縦横に走り始めるパフォーマンスだった。50年前のちょうど同じ日に誕生した先代500が、いかにイタリアにモータリゼーションをもたらしたかを物語るものである。

続いてイタリアの女優クラウディア・ジェリーニ扮するマリリン・モンローやビートルズのカバーバンドが登場、1960年代ムードを盛り上げた。

やがて、47人によるアクロバット「人間500」が空中に吊り下げられたあと、ついに新型500がステージに現れた。
この大がかりなスペクタクルは、昨年トリノ冬季五輪の開・閉会式のプロデューサー マルコ・バリッヒによる。

最後は、ホルストの「惑星」をバックにした15分にわたる打ち上げ花火で、1時間45分にわたる長大な発表会は締めくくられた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。