【スペック】13C-V:全長×全幅×全高=3885×1695×1475mm/ホイールベース=2490mm/車重=990kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4DOHC16バルブ(90ps/6000rpm、12.2kgm/4000rpm)/価格=131万円(テスト車=148万6400円/オートライトシステム+レインセンサーワイパー+撥水ガラス+本革巻ステアリングホイール+タコメーター+6スピーカー+キーレスエントリー+カーテン&フロントサイドエアバッグ)

マツダ・デミオ SPORT(FF/CVT)/13C-V(FF/CVT)【試乗速報(後編)】

デミオというよりマツダ2(後編) 2007.07.27 試乗記 マツダ・デミオ SPORT(FF/CVT)/13C-V(FF/CVT)
……174万0650円/148万6400円

広島が主導権を握って開発されたフォードグループ内のコンパクトモデル「マツダ・デミオ」。ミラーサイクルエンジンにCVTを組み合わせた燃費重視モデルに乗った。

100kgの軽量化

3代目となった「マツダ・デミオ」のプレス試乗会は、神奈川県は横浜のホテルを基点に行われた。

会場に赴くと、ホワイトボディことデミオのドンガラが置かれ、前後足まわり、エンジン+CVTなどが展示されている。机の上にはサスペンションのパーツが新旧ならべられ、それぞれに説明が付く。「フロントロアアーム:8.8→5.6kg」「リアトーションビーム:23.1→17.5kg」と、いかに軽くなったかが示される。
「もってみてください」とエンジニアの方にうながされ、「フロントスタビライザー:2.9→1.3kg」と書かれた新旧スタビライザーを交互に手にすると、なるほど、新型用は軽い。
「今回は、中空にしたんです」とエンジニア氏は胸をはる。

新しいデミオは、これまで以上にグローバル化を目指したコンパクトハッチだ。欧州名は「マツダ2」。モデル全体の燃費の向上が図られ、軽量化に注力された。そのため、代が替わるたびに大型化するクルマが多いなか、新デミオのボディサイズは、全長×全幅×全高=3895(-40)×1695(+15)×1475(-55)mmと、むしろ小さくなっている(カッコ内は先代比)。
車重は、970〜1070kg。先代は1060〜1180kgだから、ほぼ100kg軽くなった。厳しくなる一方の衝突安全性を確保しての数値だから、立派だ。カタログ燃費は、16.0〜17.8km/リッターから17.8〜23.0km/リッターに向上。これまた、立派だ。

「ロードスター開発時の“グラム作戦”に匹敵するきめ細かな努力を積み重ね」とプレスインフォメーションには記される。「ボンネットのヒンジ小型化(-0.69g)」「シフター周りの板厚変更(-0.85g)」「ワイヤリングハーネス経路の見直し(-2.86g)」といった具合。いかにもスポーツカーに関して一家言あるマツダが手がけた5ドアハッチである。

新型デミオは、ホイールベースが先代と同じ2490mm。前マクファーソンストラット、後トーションビームのサスペンション形式も同じだが、アーム、ビームそのものから変更が加えられた。前後とも板厚を薄くして軽量化され、フロントには「パンケーキ」と呼ばれる大型ブッシュが採用された。リアのアーム長も短縮された。
(写真=マツダ)
新型デミオは、ホイールベースが先代と同じ2490mm。前マクファーソンストラット、後トーションビームのサスペンション形式も同じだが、アーム、ビームそのものから変更が加えられた。前後とも板厚を薄くして軽量化され、フロントには「パンケーキ」と呼ばれる大型ブッシュが採用された。リアのアーム長も短縮された。(写真=マツダ)
ニューデミオには、コンパクトモデルには異例のハイテンション鋼が用いられた。青色が濃いほど、張力が高い。
(写真=マツダ)
ニューデミオには、コンパクトモデルには異例のハイテンション鋼が用いられた。青色が濃いほど、張力が高い。 (写真=マツダ)
関連記事 ホームへ戻る