【スペック】デミオSPORT:全長×全幅×全高=3895×1695×1475mm/ホイールベース=2490mm/車重=1020kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(113ps/6000rpm、14.3kgm/4000rpm)/価格=158万円(テスト車=174万650円/オートライトシステム+レインセンサーワイパー+撥水ガラス+キーレスエントリー+フルオートエアコン+カーテン&フロントサイドエアバッグ+オーディオレス)(テスト車には、そのほかディーラーオプションとして、HDDナビ(30万4500円が付く)
(写真=峰昌宏)

マツダ・デミオ SPORT(FF/CVT)/13C-V(FF/CVT)【試乗速報(前編)】

デミオというよりマツダ2(前編) 2007.07.26 試乗記 マツダ・デミオ SPORT(FF/CVT)/13C-V(FF/CVT)
……174万650円/148万6400円
“Personal Smart Commuter”をコンセプトに開発された3代目「マツダ・デミオ」。スタイリッシュな5ドアボディをもつベーシックモデルはどうなのか? 2種類のCVTモデルに乗った。

ニューデミオの概要

3代目「マツダ・デミオ」は、これまで以上に“グローバル”を意識して開発された5ドアハッチである。初代では「国内:輸出=8:2」、2代目で「6:4」ほどだった比率を、ニューモデルでは「3:7」に逆転したいとマツダは目論む。輸出名は、従来と同じ「マツダ2」。
輸出先は、まずはヨーロッパがメインとなる。そのため、最新デミオは彼の地で受けいられやすいスタイリングが採られ、燃費に直結する軽量化に注力された。ボディの肥大化は避けられ、2490mmのホイールベースは先代そのままに、55mm低く、40mm短いボディが載せられた。車幅は、15mm広い1695mm。
初代の、実用車然とした四角く背の高い、それがひとつの魅力となっていたスタイルは、最近のマツダ車らしい、フェンダー部を強調した筋肉質な、Zoom-Zoomにスポーティなものとなった。クルマのコンセプトに沿っていえば、“欧州コンパクトのような”カタチになった。

2007年7月5日、国内向けに発売されたデミオは、1.3リッター(5MT/4AT/CVT)、1.5リッター(5MT/CVT)に大別される。FFを基本に、前者には後輪駆動用のモーターを備えた「e-4WD」も用意される。
もっともベーシックな「13C」が120万円、「15C」が136万円、専用チューンドサスペンションを得た「SPORT」が158万円と、「トヨタ・ヴィッツ」「日産マーチ」より微妙に安い。

ボディカラーは、全11種類。「日産マーチ」のような華やかな目新しい色がないのがちょっと寂しいが、イメージカラーのグリーンメタリックは、凝縮感あるニューデミオをよく引き立てる。
インテリアは、「モダンブラック」と白地に黒いパイピングが施された「カームホワイト」、最上級モデルSPORTには専用の「スポーティブラック」が設定された。

カームホワイトの内装
カームホワイトの内装
モダンブラックの内装
モダンブラックの内装

マツダ・デミオ SPORT(FF/CVT)/13C-V(FF/CVT)【試乗速報(前編)】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デミオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • マツダ・デミオXDツーリング(FF/6AT)/デミオ13Sツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.2.23 試乗記 発売から1年あまり、「マツダ・デミオ」がドライバーとの人馬一体感を深める改良を受けた。その進化のほどは? 「デミオXDツーリング」と「デミオ13Sツーリング Lパッケージ」に試乗した。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
ホームへ戻る