【スペック】デミオSPORT:全長×全幅×全高=3895×1695×1475mm/ホイールベース=2490mm/車重=1020kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(113ps/6000rpm、14.3kgm/4000rpm)/価格=158万円(テスト車=174万650円/オートライトシステム+レインセンサーワイパー+撥水ガラス+キーレスエントリー+フルオートエアコン+カーテン&フロントサイドエアバッグ+オーディオレス)(テスト車には、そのほかディーラーオプションとして、HDDナビ(30万4500円が付く)
(写真=峰昌宏)

マツダ・デミオ SPORT(FF/CVT)/13C-V(FF/CVT)【試乗速報(前編)】

デミオというよりマツダ2(前編) 2007.07.26 試乗記 マツダ・デミオ SPORT(FF/CVT)/13C-V(FF/CVT)
……174万650円/148万6400円
“Personal Smart Commuter”をコンセプトに開発された3代目「マツダ・デミオ」。スタイリッシュな5ドアボディをもつベーシックモデルはどうなのか? 2種類のCVTモデルに乗った。

ニューデミオの概要

3代目「マツダ・デミオ」は、これまで以上に“グローバル”を意識して開発された5ドアハッチである。初代では「国内:輸出=8:2」、2代目で「6:4」ほどだった比率を、ニューモデルでは「3:7」に逆転したいとマツダは目論む。輸出名は、従来と同じ「マツダ2」。
輸出先は、まずはヨーロッパがメインとなる。そのため、最新デミオは彼の地で受けいられやすいスタイリングが採られ、燃費に直結する軽量化に注力された。ボディの肥大化は避けられ、2490mmのホイールベースは先代そのままに、55mm低く、40mm短いボディが載せられた。車幅は、15mm広い1695mm。
初代の、実用車然とした四角く背の高い、それがひとつの魅力となっていたスタイルは、最近のマツダ車らしい、フェンダー部を強調した筋肉質な、Zoom-Zoomにスポーティなものとなった。クルマのコンセプトに沿っていえば、“欧州コンパクトのような”カタチになった。

2007年7月5日、国内向けに発売されたデミオは、1.3リッター(5MT/4AT/CVT)、1.5リッター(5MT/CVT)に大別される。FFを基本に、前者には後輪駆動用のモーターを備えた「e-4WD」も用意される。
もっともベーシックな「13C」が120万円、「15C」が136万円、専用チューンドサスペンションを得た「SPORT」が158万円と、「トヨタ・ヴィッツ」「日産マーチ」より微妙に安い。

ボディカラーは、全11種類。「日産マーチ」のような華やかな目新しい色がないのがちょっと寂しいが、イメージカラーのグリーンメタリックは、凝縮感あるニューデミオをよく引き立てる。
インテリアは、「モダンブラック」と白地に黒いパイピングが施された「カームホワイト」、最上級モデルSPORTには専用の「スポーティブラック」が設定された。

カームホワイトの内装
カームホワイトの内装
モダンブラックの内装
モダンブラックの内装

マツダ・デミオ SPORT(FF/CVT)/13C-V(FF/CVT)【試乗速報(前編)】の画像
関連記事
  • マツダ・デミオXDツーリング(FF/6AT)/デミオ13Sツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.2.23 試乗記 発売から1年あまり、「マツダ・デミオ」がドライバーとの人馬一体感を深める改良を受けた。その進化のほどは? 「デミオXDツーリング」と「デミオ13Sツーリング Lパッケージ」に試乗した。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
ホームへ戻る