【スペック】4.8i:全長×全幅×全高=4860×1935×1765mm/ホイールベース=2935mm/車重=2360kg/駆動方式=4WD/4.8リッターV8DOHC32バルブ(355ps/6300rpm、48.5kgm/3400-3800rpm)/価格=963万円(テスト車=1144万4000円)

BMW X5 3.0si(4WD/6AT)/4.8i(4WD/6AT)【短評(後編)】

揺るぎない存在感(後編) 2007.07.25 試乗記 BMW X5 3.0si(4WD/6AT)/4.8i(4WD/6AT)
……893万2000円/1144万4000円

3リッター直6と4.8リッターV8が用意されるニューX5。ランフラットタイヤを履く新型に乗ってみると……。

3リッター直6でも十分

7年ぶりのフルモデルチェンジを果たした「BMW X5」。日本でのラインアップは、3リッター・ストレート6を積む「X5 3.0si」(753万円)と4.8リッターV8の「X5 4.8i」(963万円)の2モデル。いずれも6段オートマチックが組み合わされ、さらに「xDrive」と呼ばれる電子制御駆動配分システムを持つフルタイム4WDが4輪へエンジンの出力を伝えている。

まずはX5 3.0siの試乗から。ちょっと高い位置にある運転席に収まると、センターコンソールに見慣れない物体が! 実はコレ、新しいデザインのセレクターレバーで、これまでのようにレバーを前後にスライドさせたり、ゲートにそって動かすのではなく、一カ所にとどまったままレバーを前後左右に倒すことでポジションを変えるというもの。まるでジョイスティックのような操作感が新しい。ボタン式のパーキングブレーキとともに、省スペースに一役買っているのはいうまでもない。

さっそくレバー側面のボタンを押しながらコクッとレバーを手前に倒してDレンジをセレクトすると、X5は颯爽と走り始めた。ノーズに収まる3リッターエンジンは、最高出力272ps/6650rpm、最大トルク32.1kgm/2750rpmの実力を持ち、スライディングルーフと3列目シートを装着して2210kgに達したボディを軽々と……とはいかないまでも、スポーティに走らせるだけの実力を備えている。回したときの、とくに5000rpmあたりからレブリミットの7000rpmにかけて気持ちよく吹け上がる感じはさすが自慢のストレート6というところだが、その一方で、2000rpmから3000rpm付近のトルクが充実していて、ふだん使ううえでも実に扱いやすいのがうれしい。

ここから乗り換えると、X5 4.8iのV8は低速からさらにトルクが充実し、そのうえ回転を上げるほどに力強さを増すから、2.3トンを越える車両重量を忘れてしまうほど、軽やかな動きを見せてくれる。

3.0siに搭載される3リッター直6エンジン
3.0siに搭載される3リッター直6エンジン
自動車ジャーナリストの生方聡
自動車ジャーナリストの生方聡
【スペック】3.0si:全長×全幅×全高=4860×1935×1765mm/ホイールベース=2935mm/車重=2210kg/駆動方式=4WD/3リッター直6DOHC24バルブ(272ps/6650rpm、32.1kgm/2750rpm)/価格=753万円(テスト車=893万2000円)
【スペック】3.0si:全長×全幅×全高=4860×1935×1765mm/ホイールベース=2935mm/車重=2210kg/駆動方式=4WD/3リッター直6DOHC24バルブ(272ps/6650rpm、32.1kgm/2750rpm)/価格=753万円(テスト車=893万2000円)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

X5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW X5 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2014.1.8 試乗記 プレミアムSUVのパイオニア「BMW X5」が、通算で3代目となる新型に移行した。外観からは「キープコンセプト」に見える今回のモデルチェンジは「攻め」か「守り」か? 3リッターディーゼルエンジンを搭載する「X5 xDrive35d Mスポーツ」で箱根のワインディングロードを目指した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
ホームへ戻る