第52回:今度の敵は縁石? 3年目のマーチカッププレス対抗レースに挑む

2007.07.24 エッセイ

第52回:今度の敵は縁石? 3年目のマーチカッププレス対抗レースに挑む

今年で担当者は3年連続の参加となる、マーチカッププレス対抗レース。例年通り、webCG+CAR GRAPHIC+NAVI合同チームで、戦いの場に選ばれた筑波サーキットに集合した。

(2005年の結果)(2006年の結果)

ビギナーコースを新たに開設

2003年から現行「K12」型マーチで争われているマーチカップに、今年も二玄社チームが参加することになった。ただし案内の用紙には「ビギナーを1名連れてきてください」と意味深な文字。そこで、サーキット経験のない新人『NAVI』ヤマダをチームに合流させた。

NISMOが主催するレーシングスクールでは、この「マーチカップカー」が教習車両として用いられている。そのスクールに、今年より「ビギナーコース」が新設されたということで、この体験取材をするための「ビギナー必須」だったわけである。

今回のプレス向け講習では、基本講習→レッスン走行→理論講習→レッスン走行の順でスケジュールが組まれた。
レース参加の心構えやマナーなど基本的な講習に始まり、先導車付きの完熟走行、ひととおり感覚がつかめたところで次は運転テクニックやコツなど、実際のサーキット走行に役立つ内容が指導され、再度走行に臨めるという、理想的なプログラムである。一般向けの講習では、ここに同乗走行も加わるという。

さらにこのマーチカップカーで重要なのは、データロガーの存在。すべてのクルマに標準装備されるそれは、スピードやアクセル開度だけでなく、ブレーキ圧、Gなども記録される。
このデータを元に、走りを自己分析したり、他人にアドバイスを求めることができる。さらに、初めてのサーキットでも、上位選手のデータを見ることで、ギアの選択などを参考にすることができるメリットもある。

マーチカップおよびニッサンレーシングスクールについての詳しい情報はこちら。
http://www.marchcup.jp/


第52回:今度の敵は縁石? 3年目のマーチカッププレス対抗レースに挑むの画像
ビギナーコース参加者に配られたテキスト。レースのルールやマナーの他、タイヤの使い方、ステア特性など、運転のコツも併記されている。さらにサーキット別の攻略法と、ロガーデータサンプルまで載っている。
ビギナーコース参加者に配られたテキスト。レースのルールやマナーの他、タイヤの使い方、ステア特性など、運転のコツも併記されている。さらにサーキット別の攻略法と、ロガーデータサンプルまで載っている。
レース経験豊富な『CAR GRAPHIC』新井に予選タイムアタックを託す。このときはあんな結末が訪れるとは思ってもいない……。
レース経験豊富な『CAR GRAPHIC』新井に予選タイムアタックを託す。このときはあんな結末が訪れるとは思ってもいない……。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ