第329回:イガクリ頭がいきなりハーフのモデルに!?
がんばれ、インプレッサ!

2007.07.24 エッセイ

第329回:イガクリ頭がいきなりハーフのモデルに!?がんばれ、インプレッサ!

かなりのイメチェン

おお、本当に大丈夫なのか……インプレッサ、そしてスバルよ……。
新型「スバル・インプレッサ」を見て、一瞬、そう思ってしまいました。

だって、ほとんど今までとは関係のないカタチなんだもんね。従来の無骨というか、アナクロなまでにボクシーなセダン&ワゴンフォルムを捨てて、美しいティアドロップ型ノーズのハッチバックフォルムを選択。一方、リアから見ると、BMW1シリーズもかくやというイキリ立ったショルダーが際立ってるし、いわば今まで、イガクリ頭の硬派柔道部員だったのが、突然、ハーフのファッション誌モデルになったような変化。従来のファンは離れないのだろうか……正直、そう心配してしまった、小沢コージであります。

でもまあ、考えてみれば当然の決断なのよね。今までの硬派路線モデルは、WRX STIと1.5リッター自然吸気エンジングレードで、全体の9割を占める感じ。STIじゃない2リッターターボなんて、今ひとつ街でみかけないし、存在も微妙。結局インプレッサは「パフォーマンス」か「値段」で選ばれている感じで、「デザイン」という切り口では無かったような気がする。

本来、「トヨタ・カローラ」や「ホンダ・シビック」、あるいは最近出た「トヨタ・オーリス」や「日産ティーダ」を追撃しなきゃいけないインプレッサだけに、あんまりレトロなデザインをまとってもいられない。そうでなくても進化の激しい昨今のカーデザイン。ここに来て一歩も二歩も進んじゃおうというわけだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』