クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】3.0si:全長×全幅×全高=4860×1935×1765mm/ホイールベース=2935mm/車重=2210kg/駆動方式=4WD/3リッター直6DOHC24バルブ(272ps/6650rpm、32.1kgm/2750rpm)/価格=753万円(テスト車=895万1000円)

BMW X5 3.0si(4WD/6AT)/4.8i(4WD/6AT)【短評(前編)】

揺るぎない存在感(前編) 2007.07.24 試乗記 BMW X5 3.0si(4WD/6AT)/4.8i(4WD/6AT)
……893万2000円/1144万4000円

7年ぶりのフルモデルチェンジを果たしたX5。
エッジの効いたデザインをまとった新型に、生方聡が乗った。

足元に注目!

7年ぶりにフルモデルチェンジした「BMW X5」。新しいところはたくさんあるけれど、私が注目したいのはランフラットタイヤを全車に標準装着した点だ。悪路走行を想定して、サイドウォールを強化してパンクしにくくしたうえに、万一パンクしても、最大積載状態で最高80km/h、最大150km走行できるというのは実に頼もしい。
人里離れた山のなか、コンパクトカーならいざしらず、でかくて見るからに重いSUVのタイヤを自分ひとりで交換するなんて、想像しただけでもゾッとする。そんな悪夢のような状況が回避できるランフラットタイヤは、間違いなくニューX5の重要なセリングポイントであり、これまで地道な努力を続けてきたBMWならではのアドバンテージである。

この他にも、車速と舵角に応じて、車庫入れや低速ではクイックに、高速ではスローなギア比になる「アクティブステアリング」が標準装着となっている。また、オプションではあるが、電子制御スタビライザーの「ダイナミック・ドライブ」に無段階に減衰力を制御する「エレクトロニック・ダンパー・コントロール」を組み合わせた「アダプティブ・ドライブ」が用意されるなど、これまでBMWが培ってきたシャシー技術がニューX5にも惜しみなく投入され、セダンやクーペと同じ“駆けぬける歓び”が受け継がれるのは想像に難くない。

【テスト車3.0iのオプション装備】
メタリック・カラー/モナコ・ブルー(8万5000円)/スポーツパッケージ(33.0万円)/アルミニウム・ランニング・ボード(5万4000円)/クライメート・コンフォート・ウインドスクリーン(4万円)/サード・ロー・シート(31万円)/電動パノラマ・ガラス・サンルーフ(23万2000円)/スキー・バッグ(4万円)/ストレージ・コンパートメント・パッケージ(4万5000円)/リヤ・シート・ヒーティング(6万5000円)/ヘッドアップ・ディスプレイ(22.0万円)
【テスト車3.0iのオプション装備】メタリック・カラー/モナコ・ブルー(8万5000円)/スポーツパッケージ(33.0万円)/アルミニウム・ランニング・ボード(5万4000円)/クライメート・コンフォート・ウインドスクリーン(4万円)/サード・ロー・シート(31万円)/電動パノラマ・ガラス・サンルーフ(23万2000円)/スキー・バッグ(4万円)/ストレージ・コンパートメント・パッケージ(4万5000円)/リヤ・シート・ヒーティング(6万5000円)/ヘッドアップ・ディスプレイ(22.0万円) 拡大
注目の記事PR
  • この黒こげのクルマの残骸は一体!? 危険・過激・おバカな自動車バラエティー配信開始!
    この黒こげのクルマの残骸は一体!? 危険・過激・おバカな自動車バラエティー配信開始! Amazonプライム・ビデオ
  • これぞ純正カスタマイズの妙味。ホンダアクセスが手がけた「シビックハッチバック」をチェック。
    これぞ純正カスタマイズの妙味。ホンダアクセスが手がけた「シビックハッチバック」をチェック。 ホンダアクセス
注目の記事一覧へ

新たなベンチマークとして

1999年、オンロードのスポーティさを強調して“SAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)”を謳ってSUV市場に打って出たX5。そのコンセプトは多くの人々の心を掴み、北米を中心に58万台のセールスを記録する成功作になった。それは同時に手強いライバルを生み出す結果になり、同じドイツ勢の「ポルシェ・カイエン」「フォルクスワーゲン・トゥアレグ」「アウディQ7」などが、X5に追いつけ追い越せとばかりに攻めたてているのはご存知のとおり。
そんなライバルたちを蹴散らし、プレミアムSUVのベンチマークとして再びこの市場をリードしようというのがこのニューX5なのだ。

新型は、シルエットこそ旧型のイメージを踏襲しているが、キャラクターラインやフェンダーの峰など、エッジの効いたデザインが最新のBMWであることを物語っている。
フロントマスクはバンパーに精悍さが増し、牙を剥きながら猛進する猪のような表情となった。しかも、旧型に比べて全長で195mm、全幅で65mm拡大したボディのおかげで、その存在感は明らかに高まっている。なお、X5のフェンダーにはアンダーミラーが見あたらないが、これは助手席側ミラーに「サイドアンダーモニター」が内蔵されるためだ。

一方の室内は、5シリーズから乗り換えてもまるで違和感がないデザインと高級感漂う仕立ての良さが特徴だ。このクラスだから、本革シートやウッドパネルが標準装着されるのは当然のこと。HDDナビやリヤビューカメラなども備わり、これらをスマートに操作できる“iDrive”がセンターパネルのデザインをすっきりさせているのもBMWならではだ。

室内の装備で忘れるわけにはいかないのが、オプション設定される3列目シート。ふだんはフラットな荷室が、必要なときにふたりぶんのシートに変わり、身長168cmの私でもなんとか座れるので、いざというとき重宝しそうである。(後編へつづく)

(文=生方聡/写真=小林俊樹)

【スペック】4.8i:全長×全幅×全高=4860×1935×1765mm/ホイールベース=2935mm/車重=2360kg/駆動方式=4WD/4.8リッターV8DOHC32バルブ(355ps/6300rpm、48.5kgm/3400-3800rpm)/価格=963万円(テスト車=1144万4000円)
【スペック】4.8i:全長×全幅×全高=4860×1935×1765mm/ホイールベース=2935mm/車重=2360kg/駆動方式=4WD/4.8リッターV8DOHC32バルブ(355ps/6300rpm、48.5kgm/3400-3800rpm)/価格=963万円(テスト車=1144万4000円) 拡大
オプションで設定できるサードシート
オプションで設定できるサードシート 拡大
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。 拡大

関連キーワード:
X5BMW試乗記

あなたにおすすめの記事