【スペック】ノアG(8人乗り):全長×全幅×全高=4595×1695×1850mm/ホイールベース=2825mm/車重=1620kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(143ps/5600rpm、19.8kgm/3900rpm)/価格=260万4000円(テスト車=323万1900円)

トヨタ・ヴォクシーZS(FF/CVT)/ノアG(FF/CVT)【試乗記】

成功の秘訣 2007.07.21 試乗記 トヨタ・ヴォクシーZS(FF/CVT)/ノアG(FF/CVT)
……307万6500円/323万1900円
2007年6月27日、2代目に進化したトヨタのミニバン「ヴォクシー/ノア」。新開発された2リッターエンジン2種類を試す。
【テスト車ノアのオプション装備】
S-VSC+SRSサイドエアバッグ&SRSカーテンシールドエアバッグ+ヒルスタートアシストコントロール=14万7000円/パワーバックドア=5万7750円/HDDナビゲーションシステム+ワイドビューフロント&サイドモニター+インテリジェントパーキングアシスト+音声ガイダンス機能付バックガイドモニター=42万3150円
トヨタ・ヴォクシー(FF/CVT)/ノア(FF/CVT)【短評】

より堅実に、より使いやすく

「トヨタ・ヴォクシー/ノア」は、月販1万台規模のミニバンである。2001年以来の販売累計は80万台にも及ぶ。いわゆる小型ジャストサイズの大容量実用車として、膨大な車種を誇るトヨタ車の中でも重要な地位を占める。6年振りのモデルチェンジにあたっては、冒険を避けて堅実な進化が求められた。

ヴォクシーとノアは事実上同じクルマだが、取り扱い販売店が、ヴォクシーはネッツ店、ノアはカローラ店と分かれる。外板パネルごと違う顔を与えても、量販規模からいって採算が取れるからだろう。資料によると、「クールなヴォクシー」「親しみやすいノア」とそれぞれの個性は主張されているようだ。

ミニバンは何と言っても室内空間にゆとりがあり、人も物もたくさん積めるだけに様々な使い方が要求され、その中でもシートアレンジは最重要検討課題だ。折り畳んだり、跳ね上げたり、回転させたりして、変化させられることは常識ながら、いかに簡単に済ませるかが肝要。

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
トヨタ・ヴォクシー(FF/CVT)/ノア(FF/CVT)【短評】

新型では、3列目シートが工夫され、ワンタッチで跳ね上げ、ベルトの端をロック部に差し込むだけで完了する。面倒なものは億劫がって使わないが、これならナマケモノでもやってみようという気になる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • トヨタ・シエンタ ハイブリッドX 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.9.14 試乗記 販売好調が伝えられるトヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。フルモデルチェンジからの1カ月で、実に月間販売目標の7倍に達する、4万9000台もの受注を集めたという。人気の秘密はどこにあるのか、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
ホームへ戻る