クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】ノアG(8人乗り):全長×全幅×全高=4595×1695×1850mm/ホイールベース=2825mm/車重=1620kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(143ps/5600rpm、19.8kgm/3900rpm)/価格=260万4000円(テスト車=323万1900円)

トヨタ・ヴォクシーZS(FF/CVT)/ノアG(FF/CVT)【試乗記】

成功の秘訣 2007.07.21 試乗記 トヨタ・ヴォクシーZS(FF/CVT)/ノアG(FF/CVT)
……307万6500円/323万1900円
2007年6月27日、2代目に進化したトヨタのミニバン「ヴォクシー/ノア」。新開発された2リッターエンジン2種類を試す。
【テスト車ノアのオプション装備】
S-VSC+SRSサイドエアバッグ&SRSカーテンシールドエアバッグ+ヒルスタートアシストコントロール=14万7000円/パワーバックドア=5万7750円/HDDナビゲーションシステム+ワイドビューフロント&サイドモニター+インテリジェントパーキングアシスト+音声ガイダンス機能付バックガイドモニター=42万3150円
トヨタ・ヴォクシー(FF/CVT)/ノア(FF/CVT)【短評】

より堅実に、より使いやすく

「トヨタ・ヴォクシー/ノア」は、月販1万台規模のミニバンである。2001年以来の販売累計は80万台にも及ぶ。いわゆる小型ジャストサイズの大容量実用車として、膨大な車種を誇るトヨタ車の中でも重要な地位を占める。6年振りのモデルチェンジにあたっては、冒険を避けて堅実な進化が求められた。

ヴォクシーとノアは事実上同じクルマだが、取り扱い販売店が、ヴォクシーはネッツ店、ノアはカローラ店と分かれる。外板パネルごと違う顔を与えても、量販規模からいって採算が取れるからだろう。資料によると、「クールなヴォクシー」「親しみやすいノア」とそれぞれの個性は主張されているようだ。

ミニバンは何と言っても室内空間にゆとりがあり、人も物もたくさん積めるだけに様々な使い方が要求され、その中でもシートアレンジは最重要検討課題だ。折り畳んだり、跳ね上げたり、回転させたりして、変化させられることは常識ながら、いかに簡単に済ませるかが肝要。

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
トヨタ・ヴォクシー(FF/CVT)/ノア(FF/CVT)【短評】

新型では、3列目シートが工夫され、ワンタッチで跳ね上げ、ベルトの端をロック部に差し込むだけで完了する。面倒なものは億劫がって使わないが、これならナマケモノでもやってみようという気になる。

ムダをなくして燃費向上

技術的な新しい試みとしては、エンジンに「バルブマチック」が採用された。これは吸排気の管長を可変にしたり、バルブの開閉時期を可変にしたりして、パワーを稼いできた改良技術の一環。今回はバルブのリスト量を変える。パワーを向上させるだけではなく、むしろ無駄を排除して燃費を稼ごうという作戦だ。

加速が終わって一定速に移り負荷が軽くなれば、バルブを大きく開けるのはロス。リフトを少なくしてムダを減らそうというわけだ。どうせ可変させるなら初期値は上げておこうと、ついでに若干パワーアップも果たし、3ZR-FAE型は2リッターの排気量から158ps/6200rpm と20.0kgm/4400rpm のパワー/トルクを発生する。グレードによって従来の3ZR-FE(143ps/19.8kgm )と使いわけられる。
なお、どちらのエンジンも4WD仕様は若干チューンが低くなる。3ZR-FAEと3ZR-FEの燃費の違いは、10・15モードで、それぞれ14.2km/リッターと13.4km/リッターであるから効果は大きい。

実際に乗り比べてみると、アップ代は加速レスポンスの向上として、確実に体感できるだけの差があるし、スロットル一定にして流した時の変化は何も感じ取れなかったから、弊害はナシということになる。

ヴォクシー/ノアにはこの2種の2リッターエンジンとCVTの組み合わせになるが、装着シートにより8人乗り、7人乗り、5人乗りから選べる。価格も199万5000円から265万5000円の範囲にあり(4WDはプラス22万500円)、さらに身障者の方向けのウェルキャブシリーズを加えると、28車種に及ぶ大所帯となる。

ノアGのエンジン。ベーシックな3ZR-FEエンジンは、143ps/19.8kgmを発生する。
ノアGのエンジン。ベーシックな3ZR-FEエンジンは、143ps/19.8kgmを発生する。 拡大
【スペック】ヴォクシーZS(8人乗り):全長×全幅×全高=4595×1695×1850mm/ホイールベース=2825mm/車重=1610kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(158ps/6200rpm、20.0kgm/4400rpm)/価格=245万7000円(テスト車=307万6500円/S-VSC+SRSサイドエアバッグ&SRSカーテンシールドエアバッグ+ヒルスタートアシストコントロール=13万6500円/デュアルパワー・スライドドア=5万2500円/HDDナビゲーションシステム+ワイドビューフロント&サイドモニター+インテリジェントパーキングアシスト+音声ガイダンス機能付バックガイドモニター=43万500円)
【スペック】ヴォクシーZS(8人乗り):全長×全幅×全高=4595×1695×1850mm/ホイールベース=2825mm/車重=1610kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(158ps/6200rpm、20.0kgm/4400rpm)/価格=245万7000円(テスト車=307万6500円/S-VSC+SRSサイドエアバッグ&SRSカーテンシールドエアバッグ+ヒルスタートアシストコントロール=13万6500円/デュアルパワー・スライドドア=5万2500円/HDDナビゲーションシステム+ワイドビューフロント&サイドモニター+インテリジェントパーキングアシスト+音声ガイダンス機能付バックガイドモニター=43万500円) 拡大

不満のないレベル

ミニバンを運転して、楽しい例もまれにはあるが、ほとんどの場合単なる運転手として黙々と仕事に励まなければならない。CVTはそれでなくとも無段階変速で抑揚がないから、眠くなりがちだ。新型ヴォクシー/ノアには、少しでも運転操作を意識的に楽しめるようにと、最上級グレードには「パドルシフト付き7段スポーツシーケンシャルシフトマチック」も用意されている。これは専用装備ながら、+−と自分でシフトしてギアポジションを選べるので、Dレンジ走行に飽きたときの気晴らしにもなる。

また「ZS」「Z」グレードに限り、タイヤサイズも標準の195/65R15から205/60R16へ1ランクアップする。それに伴い微々たる差ながらフェンダーの膨らみが増して全幅が1720mmとなり、3ナンバーがつく。ならばいっそのこともっとフレアさせて……とは考えず、あくまでもジャストサイズとして無意味な拡大を避けているところが、ヴォクシー/ノアの良心的な部分なのだろう。

乗り心地は完璧にフラットなわけでもなく、路面によっては微振動が気になることもある。一方、目地段差のハーシュネスやロードノイズなどは巧く抑え込まれ、概ね不満のないレベルにまとめられている。エンジン搭載位置が低い割りには重心高が高く感じるが、ロールが気になるほどではない。動力性能も特に目覚ましくはないが遅いクルマではない。
……というように突出した部分はないかわりに、不満を覚える部分もない。これぞトヨタ車というか、平均点より少しだけ高いところ狙いが量販車として成功する秘訣という、難しいクルマづくりを見せて貰った気がする。

(文=笹目二朗/写真=峰昌宏)


トヨタ・ヴォクシーZS(FF/CVT)/ノアG(FF/CVT)【試乗記】の画像 拡大
セカンドシートのセンターを跳ね上げれば、3列シートへの移動が便利。
セカンドシートのセンターを跳ね上げれば、3列シートへの移動が便利。 拡大
ヴォクシー/ノアの上級モデル(「ZS」「Z」/「Si」「S」)には、専用装備として、フロントグリルやフロント大型バンパー、リヤ大型バンパーなどのエアロパーツが標準で備わる。
ヴォクシー/ノアの上級モデル(「ZS」「Z」/「Si」「S」)には、専用装備として、フロントグリルやフロント大型バンパー、リヤ大型バンパーなどのエアロパーツが標準で備わる。 拡大