【スペック】全長×全幅×全高=3700×1685×1430mm/ホイールベース=2465mm/車重=1130kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブ(95ps/6000rpm、14.2kgm/4000rpm)/価格=231万円(テスト車=244万270円/カラーライン・メロイエロー=2万6000円/コンフォートアクセスシステム=8万6000円/ETCユニット=1万8270円)

MINI ONE(FF/6AT)【試乗記】

絶対オススメ! 2007.07.20 試乗記 MINI ONE(FF/6AT)
……244万270円
2007年2月に先行発売した「MINIクーパー」「MINIクーパーS」に遅れること3ヶ月、「MINI ONE」が追加された。パワートレインが新しくなったベーシックモデルの走りを試す。

遅れ馳せながら……

輸入車にそれほど詳しくないうちのオヤジでも、「MINI」というクルマは知っている。「オレもミニクーパーに乗りたかったなぁ」とぼやいたりするのだが、たぶん本人はあのかたちのクルマは全部“ミニクーパー”だと信じていて、「MINIクーパー」がMINIの一部だということは知らないに違いない。

それはうちのオヤジだけじゃないだろう。反対にMINIにこだわる多くが、「MINIはクーパーに限る」と思っているわけだから、いずれにしても、MINIのなかではクーパーやクーパーSがエライという図式ができあがっているのはたしかだ。今回のニューモデル導入に際しても、日本ではまっさきに「クーパー」と「クーパーS」が発売され、ベーシックな「MINI ONE(ワン)」があとからひっそりと日本に上陸した、というのも、それを反映しているのかもしれない。

そうはいってもMINI ONEもMINI、フルモデルチェンジの内容に変わりはなく、一見どこが変わったかわからないデザイン、安全性向上のために伸ばされた全長(他のMINIが+60mmに対し、MINI ONEは+50mm)、そして、BMWとPSAにより共同開発されたエンジンの採用など、“ルーフ以外はすべて新設計”の新世代MINIに進化を遂げたことはいうまでもない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
ホームへ戻る