【スペック】全長×全幅×全高=3700×1685×1430mm/ホイールベース=2465mm/車重=1130kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブ(95ps/6000rpm、14.2kgm/4000rpm)/価格=231万円(テスト車=244万270円/カラーライン・メロイエロー=2万6000円/コンフォートアクセスシステム=8万6000円/ETCユニット=1万8270円)

MINI ONE(FF/6AT)【試乗記】

絶対オススメ! 2007.07.20 試乗記 MINI ONE(FF/6AT)
……244万270円
2007年2月に先行発売した「MINIクーパー」「MINIクーパーS」に遅れること3ヶ月、「MINI ONE」が追加された。パワートレインが新しくなったベーシックモデルの走りを試す。

遅れ馳せながら……

輸入車にそれほど詳しくないうちのオヤジでも、「MINI」というクルマは知っている。「オレもミニクーパーに乗りたかったなぁ」とぼやいたりするのだが、たぶん本人はあのかたちのクルマは全部“ミニクーパー”だと信じていて、「MINIクーパー」がMINIの一部だということは知らないに違いない。

それはうちのオヤジだけじゃないだろう。反対にMINIにこだわる多くが、「MINIはクーパーに限る」と思っているわけだから、いずれにしても、MINIのなかではクーパーやクーパーSがエライという図式ができあがっているのはたしかだ。今回のニューモデル導入に際しても、日本ではまっさきに「クーパー」と「クーパーS」が発売され、ベーシックな「MINI ONE(ワン)」があとからひっそりと日本に上陸した、というのも、それを反映しているのかもしれない。

そうはいってもMINI ONEもMINI、フルモデルチェンジの内容に変わりはなく、一見どこが変わったかわからないデザイン、安全性向上のために伸ばされた全長(他のMINIが+60mmに対し、MINI ONEは+50mm)、そして、BMWとPSAにより共同開発されたエンジンの採用など、“ルーフ以外はすべて新設計”の新世代MINIに進化を遂げたことはいうまでもない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
ホームへ戻る