「PTクルーザー・カブリオリミテッド」、右ハンドルに

2007.07.19 自動車ニュース

「PTクルーザー・カブリオリミテッド」、右ハンドルに

ダイムラー・クライスラー日本は、PTクルーザーのオープン版「クライスラーPTクルーザー・カブリオリミテッド」の2007年モデルを、2007年7月21日に発売する。

2004年7月の日本発売から3年が経ち、「カブリオリミテッド」07年モデルのハンドル位置は左から右になった。

昨年は06年モデルが販売されなかったものの、その間、セダンボディの「PTクルーザー」がマイナーチェンジ。あわせてカブリオのデザインも手直しを受けた。

フロント&リアのパンバー形状を変更し、フォグランプを丸型のものに。ヘッドランプは下側が波打つデザインになった。
また、グリル上部のエンブレム「クライスラーウィング」も大型化した。
インテリアは、新デザインのインストゥルメントパネルを採用。大径3連メーターパネル、回転式のエアコン吹き出し口、ロゴ入りアナログ時計が備わる。
143psと21.8kgmを発生する直4エンジンなど、機関面での変更はない。

価格は2005年モデルより13万6500円アップの、347万5500円。
ただし、新車登録時から3年/6万kmの車両保証、3年/距離無制限のアシスタンスサービス「24h FOR YOU」、さらに、Chrysler&Jeep「メンテナンスフォーユー」のベースパッケージが、無料で適用されるようになった。

(webCG 関)

「PTクルーザー・カブリオリミテッド」。写真の「ブライトシルバー」を含め、4色のボディカラーでラインナップする。
「PTクルーザー・カブリオリミテッド」。写真の「ブライトシルバー」を含め、4色のボディカラーでラインナップする。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

PTクルーザー カブリオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • クライスラー・クロスファイア(5AT)【試乗記】 2004.1.29 試乗記 クライスラー・クロスファイア(5AT)
    ……490.0万円

    ダイムラーとクライスラーが合併した恩恵で(?)生まれた、「メルセデスベンツSLK」ベースのクライスラー車「クロスファイア」。自動車ジャーナリストの渡辺慎太郎は、“SLK風味”が濃いアメ車に乗って、あることに気が付いた。


  • クライスラー・クロスファイアロードスター(5AT)【海外試乗記】 2004.9.9 試乗記 クライスラー・クロスファイアロードスター(5AT)

    ダイムラーとクライスラーの血を受けた「クロスファイア」にオープンモデルが追加され、日本でも2004年9月4日に発売された。一足先に海外で試乗した、自動車ジャーナリストの森口将之は、なにを思ったか?


  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
ホームへ戻る