530psの新型「ポルシェ911 GT2」、デビュー

2007.07.18 自動車ニュース

530psの新型「ポルシェ911 GT2」、デビュー

独ポルシェAGは、2007年9月にドイツで開催されるフランクフルトモーターショーにおいて、新型の「ポルシェ911 GT2」を公開すると発表した。

現行型で最もパワフルな911となる「ポルシェ911 GT2」がデビューする。

「911ターボ」に搭載された、3.6リッターターボの「フラット6」ユニットをベースに、コンプレッサーの大型化、タービン内エアフローの最適化、過給圧アップなどを実施。ベースを50psと5.1kgm上まわる、530ps/6500rpm、69.4kgm/2200-4500rpmのアウトプットを得た。

ギアボックスは6段MTのみ。4WDの「911ターボ」と異なり、その高出力をRR、すなわち911古来の駆動方式で路面に伝える。
足まわりには、軽量かつ耐フェード性に優れる「PCCB(ポルシェ・カーボン・コンポジットブレーキ)」と、「PASM(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメント)」を標準装備。19インチの軽量ホイールに、フロント235/35ZR19、リア325/30ZR19の極太シューズを履く。

最高速度は329km/h、0-100km/h加速は3.7秒とハイパフォーマンスを謳う一方、環境問題に配慮した、スーパースポーツにして8km/リッターという低燃費もアピールポイントだ。

なお、日本における発売日はまだ未定である。

(webCG 玉城)


530psの新型「ポルシェ911 GT2」、デビューの画像
トランスミッションは6MTのみ。ティプトロニック(AT)は用意されない。
トランスミッションは6MTのみ。ティプトロニック(AT)は用意されない。
サイレンサーにチタンパーツを採用するなど軽量化に取り組んだ結果、車重はノーマルのカレラと同じ1440kgに。パワートゥウェイトレシオ=2.72kg/psを実現した。なお、ベーシックモデル「911カレラ」は、4.43kg/psである。
サイレンサーにチタンパーツを採用するなど軽量化に取り組んだ結果、車重はノーマルのカレラと同じ1440kgに。パワートゥウェイトレシオ=2.72kg/psを実現した。なお、ベーシックモデル「911カレラ」は、4.43kg/psである。

関連キーワード:
911ポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記 最高出力450psを発生する「911カレラGTS」に試乗。スポーツカーのサラブレッド「ポルシェ911」の中でも高性能モデルと位置づけられる駿馬(しゅんめ)は、どんな走りを見せるのか? さまざまな道でむちを当てた。
  • 最上の「BMW 7シリーズ」が30台限定で登場 2017.10.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年10月10日、「BMW 7シリーズ」に特別仕様車「750Li Individual Edition(インディビジュアルエディション)」を設定し、30台の台数限定で発売した。
  • 【東京モーターショー2017】スバル、「BRZ STIスポーツ」を発表 2017.9.25 自動車ニュース スバルが「BRZ STIスポーツ」を東京モーターショーで発表する。スバルとSTIが共同開発した「BRZ」の最上級グレードで、ボディー剛性の向上と足まわりの専用チューニングにより、ドライバーが意のままに操れるハンドリング特性と上質な乗り心地を実現している。
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【レビュー】 2017.10.5 試乗記 アウディスポーツが手がけた「アウディTT」シリーズのフラッグシップモデル「TT RS」。400psを誇り、0-100km/h加速をわずか3.7秒でこなす“リトルスーパースポーツ”の実力をサーキットで試した。
ホームへ戻る