530psの新型「ポルシェ911 GT2」、デビュー

2007.07.18 自動車ニュース

530psの新型「ポルシェ911 GT2」、デビュー

独ポルシェAGは、2007年9月にドイツで開催されるフランクフルトモーターショーにおいて、新型の「ポルシェ911 GT2」を公開すると発表した。

現行型で最もパワフルな911となる「ポルシェ911 GT2」がデビューする。

「911ターボ」に搭載された、3.6リッターターボの「フラット6」ユニットをベースに、コンプレッサーの大型化、タービン内エアフローの最適化、過給圧アップなどを実施。ベースを50psと5.1kgm上まわる、530ps/6500rpm、69.4kgm/2200-4500rpmのアウトプットを得た。

ギアボックスは6段MTのみ。4WDの「911ターボ」と異なり、その高出力をRR、すなわち911古来の駆動方式で路面に伝える。
足まわりには、軽量かつ耐フェード性に優れる「PCCB(ポルシェ・カーボン・コンポジットブレーキ)」と、「PASM(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメント)」を標準装備。19インチの軽量ホイールに、フロント235/35ZR19、リア325/30ZR19の極太シューズを履く。

最高速度は329km/h、0-100km/h加速は3.7秒とハイパフォーマンスを謳う一方、環境問題に配慮した、スーパースポーツにして8km/リッターという低燃費もアピールポイントだ。

なお、日本における発売日はまだ未定である。

(webCG 玉城)


530psの新型「ポルシェ911 GT2」、デビューの画像
トランスミッションは6MTのみ。ティプトロニック(AT)は用意されない。
トランスミッションは6MTのみ。ティプトロニック(AT)は用意されない。
サイレンサーにチタンパーツを採用するなど軽量化に取り組んだ結果、車重はノーマルのカレラと同じ1440kgに。パワートゥウェイトレシオ=2.72kg/psを実現した。なお、ベーシックモデル「911カレラ」は、4.43kg/psである。
サイレンサーにチタンパーツを採用するなど軽量化に取り組んだ結果、車重はノーマルのカレラと同じ1440kgに。パワートゥウェイトレシオ=2.72kg/psを実現した。なお、ベーシックモデル「911カレラ」は、4.43kg/psである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る