530psの新型「ポルシェ911 GT2」、デビュー

2007.07.18 自動車ニュース

530psの新型「ポルシェ911 GT2」、デビュー

独ポルシェAGは、2007年9月にドイツで開催されるフランクフルトモーターショーにおいて、新型の「ポルシェ911 GT2」を公開すると発表した。

現行型で最もパワフルな911となる「ポルシェ911 GT2」がデビューする。

「911ターボ」に搭載された、3.6リッターターボの「フラット6」ユニットをベースに、コンプレッサーの大型化、タービン内エアフローの最適化、過給圧アップなどを実施。ベースを50psと5.1kgm上まわる、530ps/6500rpm、69.4kgm/2200-4500rpmのアウトプットを得た。

ギアボックスは6段MTのみ。4WDの「911ターボ」と異なり、その高出力をRR、すなわち911古来の駆動方式で路面に伝える。
足まわりには、軽量かつ耐フェード性に優れる「PCCB(ポルシェ・カーボン・コンポジットブレーキ)」と、「PASM(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメント)」を標準装備。19インチの軽量ホイールに、フロント235/35ZR19、リア325/30ZR19の極太シューズを履く。

最高速度は329km/h、0-100km/h加速は3.7秒とハイパフォーマンスを謳う一方、環境問題に配慮した、スーパースポーツにして8km/リッターという低燃費もアピールポイントだ。

なお、日本における発売日はまだ未定である。

(webCG 玉城)


530psの新型「ポルシェ911 GT2」、デビューの画像
トランスミッションは6MTのみ。ティプトロニック(AT)は用意されない。
トランスミッションは6MTのみ。ティプトロニック(AT)は用意されない。
サイレンサーにチタンパーツを採用するなど軽量化に取り組んだ結果、車重はノーマルのカレラと同じ1440kgに。パワートゥウェイトレシオ=2.72kg/psを実現した。なお、ベーシックモデル「911カレラ」は、4.43kg/psである。
サイレンサーにチタンパーツを採用するなど軽量化に取り組んだ結果、車重はノーマルのカレラと同じ1440kgに。パワートゥウェイトレシオ=2.72kg/psを実現した。なお、ベーシックモデル「911カレラ」は、4.43kg/psである。

関連キーワード:
911ポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ボクスターGTS(MR/6MT)/718ケイマンGTS(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.9 試乗記 4気筒ターボエンジンを搭載するポルシェのスポーツカー「718ボクスター/718ケイマン」に、新たな高性能モデル「GTS」が登場。スペックだけでは伝わらない走りの質を、スペイン南部の都市・マラガから報告する。
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2017.10.23 試乗記 ポルシェが誇る、伝統の高性能スポーツモデル「911」。数あるラインナップの中でも、最もスペック的に穏やかな「カレラ」にはどのような魅力があるのか。7段MT仕様の試乗を通し、「ベーシック」の一言では語れないそのキャラクターに触れた。
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2016.1.22 試乗記 自然吸気の3.4リッターユニットを搭載する従来型の「ポルシェ911カレラ」に試乗。「ターボ」でも「GT3 RS」でもないごく普通のカレラの、しかもMT仕様を選ぶ意義とは? MT派の筆者はこの「素のカレラ」こそがベスト911と考えている。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記 最高出力450psを発生する「911カレラGTS」に試乗。スポーツカーのサラブレッド「ポルシェ911」の中でも高性能モデルと位置づけられる駿馬(しゅんめ)は、どんな走りを見せるのか? さまざまな道でむちを当てた。
  • ポルシェ911カレラS(RR/7AT)【試乗記】 2016.4.6 試乗記 3.8リッター自然吸気から3リッターツインターボへとパワーユニットを変更した「911カレラS」に試乗。最新型はどんなクルマに仕上がったのか? さまざまなシチュエーションで感じたドライブフィールに加え、燃費性能についてもリポートする。
ホームへ戻る