【スペック】 全長×全幅×全高=5370×1870×1840mm/ホイールベース=3315mm/車重=2230kg/駆動方式=4WD/4リッターV6SOHC12バルブ(213ps/5100rpm、35.1kgm/3700rpm)/価格=398.0万円(テスト車=同じ)

フォード・エクスプローラー・スポーツトラック XLT(4WD/5AT)【試乗記】

まさにアメリカン 2007.07.18 試乗記 フォード・エクスプローラー・スポーツトラック XLT(4WD/5AT)
……398.0万円

「フォード・エクスプローラー」にベッド(荷台)をもつピックアップモデルが日本に導入された。新型の使い勝手と乗り心地を試す。

スポーツ・ユーティリティ・トラック

1年前まで、湘南に住んでいた。マリンスポーツをやるために引っ越したわけではないのに、気がつくとウィンドサーフィンを始めていた。だから環境が人を変えるという言葉を、僕は信じる。同様にクルマが人を変えることも、ありえると思っている。

「フォード・エクスプローラー・スポーツトラック」。こういう自動車を日本で必要としている人が少ないことぐらい、わかっている。でもこのクルマは、乗り手を変身させる力を秘めている感じがする。
フォードによれば、これはピックアップではない。アメリカでSUT(スポーツ・ユーティリティ・トラック)と呼ばれている新種だ。スポーツトラックの綴りも「SPORT TRAC」で、「TRUCK」ではないことを強調している。

SUVはもともと、ピックアップにワゴンボディを被せることからスタートした。しかし現在は、快適性能や走行性能を高めるために、ピックアップと違うメカを用いるのが一般的。たとえばエクスプローラーは、ラダーフレームは継承するものの、サスペンションは板バネなど使わずに4輪独立懸架、4WDシステムは切り替え不要なオンデマンド式を採用している。

ここで逆転の発想が生まれた。これらをピックアップに搭載すれば、乗り心地もハンドリングもよくなるじゃないか。SUTはそんなコンセプトで生まれた。スポーツトラックはその代表。日本デビューは2007年だが、本国では2001年に登場していて、現行型は2代目というキャリアの持ち主でもある。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 特集 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 特集 グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 特集 フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
  • フォード・クーガ タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.7 試乗記 エンジンのラインナップを見直して、2リッターと1.5リッターの2本立てとなったフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今回は、従来の1.6リッターより60psも強化された2リッターエンジン搭載車「タイアニアム」に試乗し、その実用性能を探った。
ホームへ戻る