メルセデス「CL 65 AMG」、受注生産で発売

2007.07.18 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ「CL 65 AMG」、受注生産で発売

ダイムラー・クライスラー日本は、メルセデス・ベンツの最高級ラクシャリークーペ「CLクラス」に、AMGチューニングの「CL 65 AMG」を設定。受注生産モデルとして、2007年7月13日に発売した。

「CL 65 AMG」は、「CL 63 AMG」(6.2リッターV8、525ps/64.2kgm)のさらに上をいくトップパフォーマンスモデルである。6リッターV12エンジにツインターボチャージャーを搭載。強化型のトランスミッション、サスペンション、ブレーキシステムを採用し、最高出力は612ps、最大トルク102kgmという強力なパワー/トルクを発生する。

外装は、AMGデザインのフロントスポイラーやサイド&リアスカートを装着。左右フェンダーに「V12 BITURBO」エンブレムが付与される。また、専用の20インチAMG 5ツインスポークアルミホイールや、リア左右のAMGデュアルツインクロームエグゾーストエンドなどにより、豪快さを演出したという。

フルレザー仕様の内装は、シートクッション/シートバックおよびドア内張り部分にダイヤモンド形状のステッチを施したセミアニリンレザーや、キルティングのアルカンタラルーフライナーなどでエレガントな印象に仕上げた。さらに、専用デザインのメーターパネルやドライビングダイナミックシート、パドルシフト付AMGスポーツステアリングによりスポーティさを演出。
オプションとして、カーボン素材を用いた「AMGカーボンエクステリアパッケージ」および「AMGカーボンインテリアトリム」が設定され、さらにスポーティさを高めることもできる。

受注生産モデルで、価格は2880.0万円。左ハンドル仕様のみとなる。

(webCG ワタナベ)

メルセデス「CL 65 AMG」、受注生産で発売の画像

関連キーワード:
CLクラスメルセデス・ベンツAMG自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • ニューヨークショー2018(メルセデス・ベンツ) 2018.4.12 画像・写真 メルセデス・ベンツはニューヨークショー2018の会場にて、改良された新型「Cクラスカブリオレ」を発表。同時に「Sクラスクーペ」やメルセデスAMGの「C63」「G63」そして「GT」の4ドアクーペなどを展示した。各車両を写真で紹介する。
  • 【ジュネーブショー2018】メルセデスが「AMG GT 4ドアクーペ」を世界初公開 2018.3.8 自動車ニュース メルセデスAMGがジュネーブショーで「AMG GT 4ドアクーペ」を発表。2ドアクーペの「AMG GT」と同じく、メルセデス・ベンツのラインナップにはないメルセデスAMGの独自モデルであり、直6、V8合わせ3種類のグレードが用意されている。
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • ベントレー・ベンテイガV8(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.1 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」のラインナップに加わった4リッターV8モデルが日本に上陸。W12とのパワー差は58ps。その走りには、どんな違いがあるのか? 2台を比較し、「V8」を選ぶ理由について考えた。
ホームへ戻る