メルセデス「CL 65 AMG」、受注生産で発売

2007.07.18 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ「CL 65 AMG」、受注生産で発売

ダイムラー・クライスラー日本は、メルセデス・ベンツの最高級ラクシャリークーペ「CLクラス」に、AMGチューニングの「CL 65 AMG」を設定。受注生産モデルとして、2007年7月13日に発売した。

「CL 65 AMG」は、「CL 63 AMG」(6.2リッターV8、525ps/64.2kgm)のさらに上をいくトップパフォーマンスモデルである。6リッターV12エンジにツインターボチャージャーを搭載。強化型のトランスミッション、サスペンション、ブレーキシステムを採用し、最高出力は612ps、最大トルク102kgmという強力なパワー/トルクを発生する。

外装は、AMGデザインのフロントスポイラーやサイド&リアスカートを装着。左右フェンダーに「V12 BITURBO」エンブレムが付与される。また、専用の20インチAMG 5ツインスポークアルミホイールや、リア左右のAMGデュアルツインクロームエグゾーストエンドなどにより、豪快さを演出したという。

フルレザー仕様の内装は、シートクッション/シートバックおよびドア内張り部分にダイヤモンド形状のステッチを施したセミアニリンレザーや、キルティングのアルカンタラルーフライナーなどでエレガントな印象に仕上げた。さらに、専用デザインのメーターパネルやドライビングダイナミックシート、パドルシフト付AMGスポーツステアリングによりスポーティさを演出。
オプションとして、カーボン素材を用いた「AMGカーボンエクステリアパッケージ」および「AMGカーボンインテリアトリム」が設定され、さらにスポーティさを高めることもできる。

受注生産モデルで、価格は2880.0万円。左ハンドル仕様のみとなる。

(webCG ワタナベ)

メルセデス「CL 65 AMG」、受注生産で発売の画像

関連キーワード:
CLクラスメルセデス・ベンツAMG自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.7.15 試乗記 今や4ドア車やSUVにもクーペを展開するメルセデス・ベンツだが、“メルセデスのクーペ”といえば昔からこれ、やはり「Eクラス クーペ」にとどめを刺す。中間的なグレード「E300クーペ スポーツ」に試乗し、本家本元の実力を探った。
  • シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.12 試乗記 いよいよ日本に導入された大人の4シーターオープン「シボレー・カマロ コンバーチブル」。大幅に軽量化されたボディーと秀逸なシャシー、そしてモデル史上初となる4気筒ターボエンジンの組み合わせは、スミズミまで考え抜かれた知的な走りを実現していた。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.11 試乗記 アウディから、最高出力450ps、最大トルク600Nmの高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が登場。最新のV6ツインターボエンジンとフルタイム4WD機構を組み合わせたハイパフォーマンスモデルの、数値的なパフォーマンスだけにとどまらない魅力をリポートする。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
ホームへ戻る