メルセデス「CL 65 AMG」、受注生産で発売

2007.07.18 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ「CL 65 AMG」、受注生産で発売

ダイムラー・クライスラー日本は、メルセデス・ベンツの最高級ラクシャリークーペ「CLクラス」に、AMGチューニングの「CL 65 AMG」を設定。受注生産モデルとして、2007年7月13日に発売した。

「CL 65 AMG」は、「CL 63 AMG」(6.2リッターV8、525ps/64.2kgm)のさらに上をいくトップパフォーマンスモデルである。6リッターV12エンジにツインターボチャージャーを搭載。強化型のトランスミッション、サスペンション、ブレーキシステムを採用し、最高出力は612ps、最大トルク102kgmという強力なパワー/トルクを発生する。

外装は、AMGデザインのフロントスポイラーやサイド&リアスカートを装着。左右フェンダーに「V12 BITURBO」エンブレムが付与される。また、専用の20インチAMG 5ツインスポークアルミホイールや、リア左右のAMGデュアルツインクロームエグゾーストエンドなどにより、豪快さを演出したという。

フルレザー仕様の内装は、シートクッション/シートバックおよびドア内張り部分にダイヤモンド形状のステッチを施したセミアニリンレザーや、キルティングのアルカンタラルーフライナーなどでエレガントな印象に仕上げた。さらに、専用デザインのメーターパネルやドライビングダイナミックシート、パドルシフト付AMGスポーツステアリングによりスポーティさを演出。
オプションとして、カーボン素材を用いた「AMGカーボンエクステリアパッケージ」および「AMGカーボンインテリアトリム」が設定され、さらにスポーティさを高めることもできる。

受注生産モデルで、価格は2880.0万円。左ハンドル仕様のみとなる。

(webCG ワタナベ)

メルセデス「CL 65 AMG」、受注生産で発売の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.7.15 試乗記 今や4ドア車やSUVにもクーペを展開するメルセデス・ベンツだが、“メルセデスのクーペ”といえば昔からこれ、やはり「Eクラス クーペ」にとどめを刺す。中間的なグレード「E300クーペ スポーツ」に試乗し、本家本元の実力を探った。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
  • BMW 523dツーリング ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.7.10 試乗記 誕生から4世代を数える「BMW 5シリーズ」のステーションワゴン、「5シリーズ ツーリング」の新型が日本に導入された。ディーゼルモデル「523d」の試乗を通してその実力を測るとともに、他の車型にはない“ワゴンならではの魅力”とは何かを考えた。
ホームへ戻る