メルセデス「CL 65 AMG」、受注生産で発売

2007.07.18 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ「CL 65 AMG」、受注生産で発売

ダイムラー・クライスラー日本は、メルセデス・ベンツの最高級ラクシャリークーペ「CLクラス」に、AMGチューニングの「CL 65 AMG」を設定。受注生産モデルとして、2007年7月13日に発売した。

「CL 65 AMG」は、「CL 63 AMG」(6.2リッターV8、525ps/64.2kgm)のさらに上をいくトップパフォーマンスモデルである。6リッターV12エンジにツインターボチャージャーを搭載。強化型のトランスミッション、サスペンション、ブレーキシステムを採用し、最高出力は612ps、最大トルク102kgmという強力なパワー/トルクを発生する。

外装は、AMGデザインのフロントスポイラーやサイド&リアスカートを装着。左右フェンダーに「V12 BITURBO」エンブレムが付与される。また、専用の20インチAMG 5ツインスポークアルミホイールや、リア左右のAMGデュアルツインクロームエグゾーストエンドなどにより、豪快さを演出したという。

フルレザー仕様の内装は、シートクッション/シートバックおよびドア内張り部分にダイヤモンド形状のステッチを施したセミアニリンレザーや、キルティングのアルカンタラルーフライナーなどでエレガントな印象に仕上げた。さらに、専用デザインのメーターパネルやドライビングダイナミックシート、パドルシフト付AMGスポーツステアリングによりスポーティさを演出。
オプションとして、カーボン素材を用いた「AMGカーボンエクステリアパッケージ」および「AMGカーボンインテリアトリム」が設定され、さらにスポーティさを高めることもできる。

受注生産モデルで、価格は2880.0万円。左ハンドル仕様のみとなる。

(webCG ワタナベ)

メルセデス「CL 65 AMG」、受注生産で発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.1.23 試乗記 「メルセデスAMG GT」シリーズの頂点に君臨するハイパフォーマンスモデル「AMG GT R」に試乗。エンジン、シャシー、空力性能が磨かれたフラッグシップスポーツは、まさに公道に降り立ったレーシングカーだった。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――アストンマーティン・ヴァンキッシュ(後編) 2017.2.2 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす当企画。今回も引き続き「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」がテーマ。高い走行性能だけでなく、優雅なスタイリングを併せ持つヴァンキッシュの魅力を、同車と恋に落ちた谷口が力説する!
ホームへ戻る