「メルセデス・ベンツ・Gクラス」インテリアなど一部改良

2007.07.17 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツ・Gクラス」インテリアなど一部改良

ダイムラークライスラー日本は2007年7月17日、メルセデスの最上級クロスカントリービーグル「Gクラス」を一部改良した。

今回の変更はインテリアが中心。センターコンソールのデザインを大幅に変更し、各種ボタン等の使いやすさに配慮したという。

また、メーターパネルのデザインには大型の計器類を採用し、ライト点灯時のメーター内文字照明をホワイトとすることで視認性を向上。ステアリングホイールについては安全性にも配慮し、ナビゲーションシステムやオーディオ等の機能をステアリングホイールから手を離すことなく操作が可能となるボタン類が設けられた。

エクステリアでは、リアコンビネーションランプのデザインを変更し、泥水等がつきにくい形状にすることで、後方からの視認性を高めたと謳う。

5リッターV8SOHCに7ATが搭載される「G 500 ロング」は1230万円。同エンジンにスーパーチャージャーと5ATが搭載される「G 55 AMG ロング」は1690万4762円となる。

(webCG 玉城)


「メルセデス・ベンツ・Gクラス」インテリアなど一部改良の画像

関連キーワード:
Gクラスメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツG500(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【海外試乗記】 2018.5.15 試乗記 ヘビーデューティーSUV「メルセデス・ベンツGクラス」が1979年のデビュー以来、初のフルモデルチェンジ! スクエアなデザインを受け継ぎながらも、フロントサスペンションなどは大幅に刷新された。軽やかで強烈な走りを報告する。
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSE(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.26 試乗記 新世代の2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載した、「ディスカバリー スポーツ」に試乗。デビューから3年半を経たプレミアムコンパクトSUVは、ほかのランドローバー車にも通じる実力の高さを感じさせてくれた。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
  • メルセデスAMG G63 2018.2.14 画像・写真 ダイムラーは2018年2月13日、新型「Gクラス」の高性能仕様「メルセデスAMG G63」を発表した。その姿を画像で紹介する。4リッターV8ツインターボエンジンは585psを生み出し、0-100km/h:4.5秒という加速性能がうたわれている。
  • メルセデス・ベンツG350ブルーテック(4WD/7AT)【試乗記】 2013.11.11 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツG350ブルーテック」に試乗。23年ぶりに復活した「軽油で走るゲレンデヴァーゲン」の走りに触れた。
ホームへ戻る