「メルセデス・ベンツ・Gクラス」インテリアなど一部改良

2007.07.17 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツ・Gクラス」インテリアなど一部改良

ダイムラークライスラー日本は2007年7月17日、メルセデスの最上級クロスカントリービーグル「Gクラス」を一部改良した。

今回の変更はインテリアが中心。センターコンソールのデザインを大幅に変更し、各種ボタン等の使いやすさに配慮したという。

また、メーターパネルのデザインには大型の計器類を採用し、ライト点灯時のメーター内文字照明をホワイトとすることで視認性を向上。ステアリングホイールについては安全性にも配慮し、ナビゲーションシステムやオーディオ等の機能をステアリングホイールから手を離すことなく操作が可能となるボタン類が設けられた。

エクステリアでは、リアコンビネーションランプのデザインを変更し、泥水等がつきにくい形状にすることで、後方からの視認性を高めたと謳う。

5リッターV8SOHCに7ATが搭載される「G 500 ロング」は1230万円。同エンジンにスーパーチャージャーと5ATが搭載される「G 55 AMG ロング」は1690万4762円となる。

(webCG 玉城)


「メルセデス・ベンツ・Gクラス」インテリアなど一部改良の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • メルセデス・ベンツG350ブルーテック(4WD/7AT)【試乗記】 2013.11.11 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツG350ブルーテック」に試乗。23年ぶりに復活した「軽油で走るゲレンデヴァーゲン」の走りに触れた。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/7AT)【レビュー】 2016.1.8 試乗記 デビューから36年を経た現在でも高い人気を誇る、メルセデスのクロスカントリーヴィークル「Gクラス」。このクルマが長年にわたって支持され続ける理由はなんなのか? 新たに4リッターV8ツインターボが搭載された「G550」に試乗し、その魅力について考えた。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
ホームへ戻る