「メルセデス・ベンツ・Gクラス」インテリアなど一部改良

2007.07.17 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツ・Gクラス」インテリアなど一部改良

ダイムラークライスラー日本は2007年7月17日、メルセデスの最上級クロスカントリービーグル「Gクラス」を一部改良した。

今回の変更はインテリアが中心。センターコンソールのデザインを大幅に変更し、各種ボタン等の使いやすさに配慮したという。

また、メーターパネルのデザインには大型の計器類を採用し、ライト点灯時のメーター内文字照明をホワイトとすることで視認性を向上。ステアリングホイールについては安全性にも配慮し、ナビゲーションシステムやオーディオ等の機能をステアリングホイールから手を離すことなく操作が可能となるボタン類が設けられた。

エクステリアでは、リアコンビネーションランプのデザインを変更し、泥水等がつきにくい形状にすることで、後方からの視認性を高めたと謳う。

5リッターV8SOHCに7ATが搭載される「G 500 ロング」は1230万円。同エンジンにスーパーチャージャーと5ATが搭載される「G 55 AMG ロング」は1690万4762円となる。

(webCG 玉城)


「メルセデス・ベンツ・Gクラス」インテリアなど一部改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Gクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る