【スペック】全長×全幅×全高=4610×2060×1135mm/ホイールベース=2665mm/車重=1665kg/駆動方式=4WD/6.5リッターV12DOHC48バルブ(640ps/8000rpm、67.3kgm/6000rpm)/価格=3247万1250円

ランボルギーニ・ムルシエラゴ LP640 eギア【試乗記】

ランボルギーニ・ムルシエラゴ LP640 eギア 2007.07.16 試乗記 ……3247万1250円

“いろいろな輸入車にとっかえひっかえ乗れる”JAIA試乗会。
2人の『CG』編集者が、インプレッションをお届けします!

ランボルギーニ・ムルシエラゴ LP640 eギア【短評】

さながら路上のジェットコースター

6.2リッター580psを誇っていたV12がたった300ccの排気量拡大でこれほど変化するとは予想外だった。5000rpmから上はまさに魔境。ウインドスクリーンに吸い込まれそうな速さに恐怖と後ろめたさを感じつつ、それでもスロットルから足を放せなくなるから罪な車だ。

カーボンファイバーを多用したボディが軽く、60psの増強が効果的なのも一因だが、より直接的にはピークパワーと最大トルクの発生回転数がともに上昇しており、さらに過激さを増したからでもある。ちなみにレブリミットは8400rpm。

161万700円のオプションで付いていたカーボンセラミックブレーキは神の手。100km/hからでもベルトが食い込むほどのマイナスGを感じさせながら瞬時に止まる。

(文=道田宣和/写真=田村弥/『CG』2007年4月号)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ムルシエラゴの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP550-2 バレンティーノ・バルボーニ(MR/6AT)【試乗記】 2010.6.14 試乗記 ランボルギーニ・ガヤルドLP550-2 バレンティーノ・バルボーニ(MR/6AT)
    ……3146万1675円

    スーパースポーツカー「ガヤルド」のスペシャルモデル「バレンティーノ・バルボーニ」に試乗! 久々の復活となった“後輪駆動ランボ”の走りをリポートする。
  • ポルシェ、新型「パナメーラ/パナメーラ4」の一部仕様を変更 2016.12.22 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは、新型「パナメーラ」「パナメーラ4」の一部仕様を変更すると発表した。エアサスペンションが標準装備となり、それに伴い価格も変更された。新価格は、パナメーラが1132万8000円で、パナメーラ4が1182万8000円。
  • 「三菱i-MiEV」のインテリアが新デザインに 2016.12.21 自動車ニュース 三菱自動車は2016年12月21日、インテリアを中心に仕様変更が施された、電気自動車「i-MiEV」を発売した。今回の手直しにより、回生ブレーキや空調についても機能が追加された。
  • ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を発表 2016.12.21 自動車ニュース 伊ランボルギーニは2016年12月19日(現地時間)、「アヴェンタドール」の次世代モデルとなる「アヴェンタドールS」を発表した。今回のアヴェンタドールSは、エンジンの強化に加えて、空力にこだわった新デザインや4輪操舵システムなどが採用されている。
  • 「シャトーパナメーラ スペシャルナイト」の会場から 2016.12.20 画像・写真 2016年12月20日、新型「ポルシェ・パナメーラ」の先行公開イベント「シャトーパナメーラ スペシャルナイト」が東京・恵比寿で開催された。女優の真矢ミキさんや音楽家の高橋幸宏さんもゲスト出演した、会場の様子を写真で紹介する。
ホームへ戻る